昔のフサフサ(2323)ヘアーに蘇るあなたに適した究極の育毛剤・発毛剤・増毛促進剤などをご紹介致します!

(めまい・食欲不振・発疹・赤み低血圧)など血行促進が必要なんです

髪の毛の栄養って血液も関係しているってご存知でしたか?

血行を促進することによって、髪の毛を生やすことができるのですが、その血行が悪くなってしまっている方には、血行をよくしてくれるという育毛剤がオススメとなっています。

なぜ血行促進が必要なのかといいますと、髪の毛に必要な栄養分は、血液の流れがよくないとスムーズに行かなくなってしまうのです。

髪の毛にもしっかりとした栄養が必要ですので、頭皮の状態もよくしておかなければなりません。

美容室などで頭皮マッサージをしてもらうと気持ちがいいですよね。

woman34

マッサージの後は頭がすっきりしているように感じることもあると思うのですが、血行がよくなると髪の毛の成長もキープすることができるようになりますので、試してみるのもいいと思います。

育毛剤を使って血行促進することも可能です。

抜け毛が多くて悩む方は、頭皮の状態や内部まで何かしらの影響を受けている可能性が高いので、ぜひこの機会に育毛剤の種類や成分についても調べてみてください。

毛母細胞を活性化させるのも重要ですので、育毛剤には〝血行促進〟のための成分が含まれていることが多くなっているのです。

単なる血行不良と思っていると、どんどん抜け毛が増えてしまいますので、気をつけたほうがよさそうですね。

 

医薬部外品ではない育毛剤

 

一般の薬局で販売されている医薬部外品ではない育毛剤があります。

おもに皮膚科や専門外来などから処方される医薬品にあたるものです。

そのほとんどがプロへシアかロゲインと呼ばれるものでともに医師から処方されて初めて使うことができます。

薬局やドラッグストアーでの購入はできませんが、効果は高いと言われています。

早く効果を出したい、何としても発毛を促進したいと意気込んでいる人は皮膚科や専門外来に通って検査を受け、薬を処方してもらう方法もあります。

今やタバコをやめるのに禁煙外来があるぐらいですから、発毛も専門家にたよる手もあるのです。

市販品と医薬品に効果の違いはあるのか

市販されているものの効果は継続使用して、早くて一年と言われています。

それに対して病院で処方されるものは早い方なら3ヶ月で効果が出始めると言われています。

効果が早ければ抜け毛薄毛に悩んでいたのがウソのようにモチベーションがアップしてその後の治療に突き進んでいけます。

最初の効果が肝心ということです。

効果があるのかないのか気持ちがさまよいながら続けるのはとてもおっくうで不安なものです。

効果が出るなら早いほうがいいのです。

効果が早い医薬品なら副作用はないのか

どんなものにもメリットデメリットがあり、医薬品の育毛剤にもそのリスクはあります。

今まで言われているのは主に、めまいや食欲不振、発疹や赤み低血圧などです。

場合によっては性欲減退や勃起不全なども起こると言われています。

病院から処方されるものは効果も高いと期待できますが、その代わりこのような危険なデメリットも考えられるのです。

それだからこそ病院の医師の正しい判断で処方されるべきものなのです。

もし副作用が出たらどうするのか

正しい用法用量を守って使っていても副作用が出たならすぐに使用を中止したほうがいいです。

iryouk1

そして医師の診察を改めて受けて診察してもらいます。

その際は薬を処方してもらった病院の医師がいいです。

薬の使用前使用後をわかっているので話が早いです。

効果は早く欲しいですがそれによって身体の調子を悪くしてしまったら元も子もないのでいったんリセットするのです。

体調を整えて副作用の原因が何だったのかを確認すればまた違う薬を処方してもらい発毛に対しての治療を始めればいいのです。

薬には効果はありますがどうしてもリスクがつきものです。

それをよく理解して頭に入れ、効果重視ですぐに使ってしまわないように注意します。

選ぶのは自分です。

どうしても副作用が心配だという方は、医薬品を使用せずに市販されている育毛剤を使用すればいいのです。

以上、(めまい・食欲不振・発疹・赤み低血圧)など血行促進が必要なんです…の話題でした。

LINEで送る
Pocket