ブラッシングは抜け毛対策にプラスに!でも間違えると逆効果!

昔のフサフサ(2323)ヘアーに蘇るあなたに適した究極の育毛剤・発毛剤・増毛促進剤などの口コミ比較ランキングをピックアップ!お客さまからお寄せ頂いた声からおすすめする人気商品の評判・評価をご紹介しております!

ブラッシングは抜け毛対策にプラスに!でも間違えると逆効果!

ブラッシングをするタイミングにも注意

ブラッシングは抜け毛対策に非常に重要で、薄毛防止にも貢献してくれます。重要なのはブラッシングの仕方とブラシ選びです。基本を間違えれば逆効果になるため、育毛グッズと組み合わせながら効果的な方法を探るのが大切です。

ブラッシングは抜け毛対策にプラスに!でも間違えると逆効果!

ブラッシングをすることで抜け毛が進むというのは誤解です。適切なブラッシングは髪の絡まりをほぐし、頭皮のマッサージ効果があるなど育毛にプラスになります。ただし、無理に力をかければ抜け毛が進むのは事実です。また、ブラッシングの仕方にも様々なコツが存在するのです。

ブラッシングが薄毛防止に重要なわけ

ブラッシングは薄毛防止に重要な習慣の一つです。髪をとかすことでブラシに髪がつき、抜け毛が進んでいると感じてしまう場合はります。しかし、髪は自然と抜けるもののため、ある程度付くのは当たり前なのです。問題は絡まった髪の毛を強引にとかそうとした場合です。この場合は健康な髪が抜けてしまう場合や、肌にダメージが残る可能性があります。

ポイントになるのが、シャンプーなど髪を洗う際も髪が絡んでいるとマイナスになることです。場合によっては頭皮が蒸れたり、洗い残しが発生する原因にもなります。日ごろからブラッシングで髪に手を入れ、髪を整えるのはとても良い習慣なのです。薄毛が気になるなら見直すことをおすすめします。

髪が絡みがちな時のブラッシング方法

ブラッシングで大切になるのが、毛先から徐々にブラシをかけてほぐしていくことです。頭皮にブラシを当てて根元から通そうとすすると、どうしても髪が絡みやすくなります。頭皮を引っ張り、髪にもダメージを与えるため、毛先から徐々にブラシを入れ、ほぐしながらブラッシングするのが正解なのです。

ヘアケア用のローションやオイルを使うのもおすすめです。ブラッシング中の抵抗が少なくなり、髪への栄養補給もできます。特に髪の傷みが激しい場合や、髪質が細いなど不安がある場合は、外から補うことも大切になります。調整に慣れが必要なものもあるため、あせらずにじっくり取り組むのがおすすめです。頭皮の保護にも役立ちます。

ブラッシングをするタイミングにも注意

ブラッシングをするタイミングは非常に重要で、タイミングによって髪にダメージを与える場合があります。特にシャンプー後のブラッシングは厳禁です。

ブラッシングをするタイミングにも注意

シャンプーをすると髪の汚れとともに髪を保護する成分まで落ちてしまうことがあります。コンディショナーで補えますが、この状態でブラッシングすると髪が痛みやすくなるのです。

ブラッシングをするのであれば、シャンプー前に髪をほぐすために行う、髪を洗い終わった後に行うなど工夫が必要になります。育毛剤などを利用している場合は、育毛剤を使う前がおすすめです。ブラッシングには頭皮の血行を良くし、肌を清潔にする効果もあるため、成分が浸透しやすくなるからです。

育毛グッズとして利用するなら管理が大切

ブラッシングに利用するブラシは、育毛グッズの一つになります。意外と忘れがちなのが衛生管理で、髪の毛が付いたまま、あるいは濡れたまま放置したブラシは雑菌が繁殖するようになります。ブラッシングして頭皮に雑菌をつければ、頭皮の状態が悪化し、薄毛や抜け毛が進む原因となります。

育毛剤や育毛シャンプーとの相性もよいため、複数の育毛グッズと組み合わせるとさらに効果的です。育毛シャンプーの効果を期待するために髪を洗う前に軽くブラッシングを行い、シャンプーがいきわたりやすくする方法もあります。頭皮マッサージを別に考えるなど、自分の髪の状態に合わせて加減をするとプラスにしやすいのです。