昔のフサフサ(2323)ヘアーに蘇るあなたに適した究極の育毛剤・発毛剤・増毛促進剤などの口コミ比較ランキングをピックアップ!お客さまからお寄せ頂いた声からおすすめする人気商品の評判・評価をご紹介しております!

女性必見!介護ストレスによる薄毛の対策法

高齢化が進む現代では、女性にとって介護の問題が深刻になってきています。夫よりも家にいる時間の多い妻は、認知症などで在宅介護が必要な親の面倒を見る機会が増えます。ただでさえ女性は更年期に入ると心身の不調が出やすくなるので、介護ストレスの症状が強く表れてしまいがちです。

イライラしたり、体調不良を起こしたりといった内面の症状だけでなく、見た目に影響する症状があることも問題です。中でも、更年期の女性に見られる「抜け毛」の度合いが、介護をしている人の方がひどいという傾向があります。ここでは、介護ストレスに負けずに頑張る女性のための薄毛対策を紹介します。

女性の介護ストレスが深刻な理由

高齢者が身体的な病気や認知症で介護が必要になるとき、その子供の年齢は平均すると40代後半~50代になります。これは、女性が閉経の影響で更年期障害に悩み始める年齢とほぼ変わりません。

更年期障害になると、小さなことでイライラしてしまったり、体の調子が悪かったりして心身に負担がかかります。その状態で、介護という身体的にも精神的にも負担の大きい労働がプラスされれば、さらに辛くなってしまうのは当然でしょう。

また、今親の介護をしている夫婦は、男が外で働いて女は家のことをするという考え方が残っている世代です。自然と、在宅介護の負担は「家のことをする」女性の方に偏ってしまうというわけです。

ストレスが薄毛の原因になるのはなぜ?

よく、「ストレスでハゲる」と言われますが、それはなぜなのでしょうか?精神的な負担が大きいと、髪の毛を作るのに必要な亜鉛が消費されてしまいます。また、自律神経が乱れることで血行が悪くなり、頭皮が新しい髪の毛を作る機能が低下することも、ストレスで薄毛になる原因のひとつと考えられています。

病気の親や姑の世話をするということは、色々な意味で気疲れするものです。特に認知症の方を在宅介護している人は、コミュニケーションを取る場面でイライラしてしまうことも多いでしょう。心理的な負担が大きくなればなるほど、薄毛になる可能性も大きくなってしまいます。

短時間でもできる趣味を見つけてストレスを軽減する

介護中の心理的な負担をゼロにすることはできませんが、ストレスを溜め込まない工夫は可能です。目を離せない症状を持った高齢者がいる場合は、気分転換に外出するのは難しいですよね。でも、夜自分が寝る前の短い時間で手軽にできるような趣味(簡単な手芸や音楽鑑賞など)があると、気分が晴れるでしょう。

ただし、精神的に追い詰められて「介護うつ」を発症してしまうケースも少なくないので、明らかに心の状態がおかしいと感じたら医療機関にかかるようにしてください。

女性ホルモンを補って豊かな髪の毛を取り戻す

介護中の女性が薄毛になりやすいのは、更年期という年齢的な問題で、女性ホルモンが減ってしまうこととも深く関わっています。抜け毛を防ぐには、女性ホルモンに似た働きをする「イソフラボン」という成分を補うのが効果的です。

イソフラボンは大豆に多く含まれているので、豆腐や納豆などを積極的に食べるようにしましょう。大豆イソフラボンのサプリも、色々なメーカーから販売されています。

女性用の育毛剤なら安心して使える

育毛剤というと男性のものというイメージがあるかもしれませんが、女性用の育毛剤もあります。女性用育毛剤は、男性用のもののように女性が使うと良くないとされる成分は含まれていません。

販売しているメーカーはさまざまですが、ダイエット用の酵素ドリンクで有名なメーカーの女性用育毛剤が人気を集めています。

介護という現代ならではの社会問題は、更年期の女性の体にも大きな負担を与えています。いくつになっても美しくありたいと願う女性にとっては、ストレスで髪の毛が薄くなるのは寂しいものです。それでも、自分や夫の親の面倒を見るということは、恩返しや自分自身の経験にもなります。

ストレスに負けず毎日をいきいきと過ごすために、できる工夫は積極的にしていきましょう。もしあなたが介護ストレスによる抜け毛に悩んでいるなら、ここで紹介した方法を試してみてください。