ちびの人は薄毛になりやすい?ウワサの根拠と気になる時の対処法は

昔のフサフサ(2323)ヘアーに蘇るあなたに適した究極の育毛剤・発毛剤・増毛促進剤などの口コミ比較ランキングをピックアップ!お客さまからお寄せ頂いた声からおすすめする人気商品の評判・評価をご紹介しております!

ちびの人は薄毛になりやすい?ウワサの根拠と気になる時の対処法は

ちびの人は薄毛になりやすい?ウワサの根拠と気になる時の対処法は

ちびの人は薄毛になりやすいといウワサがあり、自分がもてなくなるのでは心配する人がいます。

ちびの人は薄毛になりやすい?ウワサの根拠と気になる時の対処法は

しかし、実際には低身長とハゲの関係はほとんどなく、生活習慣などの影響が大きくなります。ウワサを気にするより薄毛とハゲを予防する習慣作りの方が大切です。

ちびの人は薄毛になりやすいというウワサがあり、中には信じ込んでしまう人もいます。遺伝子が関係するという話もありますが、実際には複数の要因が重なっていることが多いのです。

身長が原因でハゲるわけではないため、原因を切り抜けて薄毛を防ぐ習慣を作ることが大切です。

ちびが薄毛になりやすいという根拠は

ちびが薄毛になりやすいというウワサの一部は、ハゲとちびの漢字を混同することでおこっています。ちびを漢字でかくと「禿び」となります。

元々物がすり減って小さくなっていく様子を表していて、それが転じて低身長の人をさすようになったのです。ハゲは「禿げ」と書くため、漢字が一緒で混同されやすいのです。

髪が薄くなるとどうしても目立ってしまうのもポイントです。そのため、なぜ髪が薄くなったかを、身長や性格などと関連させて考える人が多く、イメージが定着しやすくなります。

わかりやすいと信じてしまう人が増えるため、ウワサになりやすい部分もあります。実際には髪と身長の関係は薄く、人によって差があるのです。

ちびと薄毛に関係する遺伝子は存在する

科学的根拠から、ちびと薄毛の関係を指摘する人もいます。遺伝子の中には、成長を阻害し、身長の伸びや髪の毛の成長を阻害するものが発見されているからです。

ちびと薄毛に関係する遺伝子は存在する

ただし、これらの遺伝子は全体のごくごく一部に過ぎないのがポイントになります。遺伝子は別々の遺伝子と相互に作用するため、確実に特徴が出るとは限らないのです。

遺伝子の検査は一般的でない点にも注意が必要です。民間のDNA解析サービスなども存在しますが、非常に高価で、検査に時間がかかる場合が多くなっています。原因がわかっても薄毛予防の方法までセットでわかるわけではないため、髪を守るためには無意味であるケースもあるのです。

普段の習慣を見直すことがポイントに

ちびであっても薄毛が進むとは限らないため、薄毛が気になる場合は普段の習慣を見直すのが基本になります。

ストレスや食事のバランスなど、薄毛に関わる要素は多く、まずは消去法で対策をした方が確実だからです。対策をして改善されない場合は、男性型脱毛症などを疑う形になります。

薄毛対策に利用できるグッズは多く、育毛剤や育毛シャンプー、ヘアケアを意識したドライヤーなどが存在します。サプリメントなども販売されているため、薄毛やハゲに悩んでいるなら試してみるものも方法です。

ただし、組み合わせによって頭皮に過剰な刺激となり、かえって薄毛になる場合もあります。成分のチェックや調整も重要なポイントになります。

ハゲを防ぎたいならストレスの制御も重要

ストレスや睡眠不足はハゲのもとになりやすく、ストレスで睡眠の質が悪化し、更にストレスがたまるなど悪循環にはまりがちです。緊張状態が続いて体のコリが慢性化し、睡眠が浅くなるケースもあります。ストレッチや運動だけでなく、定期的にマッサージを受けるなど、体のメンテナンスも大切になります。

身長が低いと机や椅子の大きさなど何かと不便を強いられがちなのもポイントです。仕事の環境を快適にするグッズの導入などで、ストレスが軽減される場合もあります。

自分が快適に働ける環境や、学べる環境を作ることも大切です。育毛グッズの利用も習慣を見直さなければ効果が見込めないものがあるため、あわせて考えるのがおすすめです。