育毛剤の力を借りるメカニズム

昔のフサフサ(2323)ヘアーに蘇るあなたに適した究極の育毛剤・発毛剤・増毛促進剤などの口コミ比較ランキングをピックアップ!お客さまからお寄せ頂いた声からおすすめする人気商品の評判・評価をご紹介しております!

育毛剤とヘアサイクルへの発毛促進効果

毛髪サイクルを整える環境を大切にしよう

育毛剤を使うことによって、発毛を促進してくれるという嬉しい効果を期待することができます。
しかし、まずは最初に自分の毛髪がどのようにして成長しているのか、ヘアサイクルという観点から知っておきましょう。

人間には多くの毛髪がありますが、その毛髪は常に成長を続けるわけではありません。

実は、成長を続ける時期と、成長をしない時期などのサイクルを常に繰り返しているのです。
そして、成長が完全に止まった毛髪は、自然と抜け毛になって落ちていくことになります。
健康な人であっても、一日にかなりの数の抜け毛が自然と起こるものなのです。

髪の成長時期による髪の寿命はいつまで続くのか

育毛剤を使おうとしているのであれば、自分の毛髪に存在しているサイクルについて知っておくようにしましょう。

一般的に、髪が成長する時期と、髪の成長が止まる期間、そして古い髪が抜けて新しい髪が生えてくる時期、というように人間の毛髪はサイクルしているものです。

このサイクルのことを、成長期、退行期、休止期の三つを持つヘアサイクルと呼びます。

男性と女性でヘアサイクルの長さは異なってくるようですが、一般的に髪が抜けるまでには六年かかるといわれています。

正常な場合のヘアサイクル

その人の毛髪のサイクルがすべてうまくいっている場合、全体の髪のうち、90%の量が成長段階にあるといわれています。

もし、そのうち一本が退行期になったとしても、別の髪が成長期の状態なので、そこで薄毛になるような心配はありません。

毛髪サイクルを整える環境を大切にしよう

しかし、これが毛髪のトラブルになると、ヘアサイクルに異常が発生することになります。

成長期の毛髪を維持することができなくなってしまい、成長をする毛髪よりも抜けていく毛髪のほうが多いということになってしまうのです。

男性型脱毛症によるヘアサイクルの乱れなど

ヘアサイクルの乱れの原因の一つに、AGA(男性型脱毛症)といわれるものがあります。

これはヘアサイクルに乱れを起こしてしまうものであり、髪の成長が止まってしまい、そのまま抜け落ちてしまうという症状です。

成長する毛髪よりも抜ける毛髪のほうが多くなれば、自然と毛髪の総量が少なくなって薄毛になりますよね。
こういったヘアサイクルの乱れを正すことも、薄毛の問題を解決するために必要になるのです。

育毛剤の効果で選ぶ

市販されているものの中に、男性ホルモンの作用を抑えるための成分が配合されているものもあります。

男性型脱毛症を防ぐために、こういったタイプのものを使ってケアをすることで、症状を抑えることができるでしょう。