昔のフサフサ(2323)ヘアーに蘇るあなたに適した究極の育毛剤・発毛剤・増毛促進剤などの口コミ比較ランキングをピックアップ!お客さまからお寄せ頂いた声からおすすめする人気商品の評判・評価をご紹介しております!

髪が生えなくなっても自毛植毛がある!アフターケアのポイントまとめ

長い間薄毛を放置してしまうと、髪が生えなくなった部分の毛包が死滅し、二度と髪が生えない状態になってしまいます。薬などを使っても髪が生えない状態になりますが、自毛植毛を行えば再度髪が生える可能性があります。これは髪が生えない部分に健康な毛包を移植するためで、定着すれば新しい髪が生えるようになるのです。

自毛植毛は薄毛対策の切り札になる

自毛植毛は毛包が死滅した部分に自分の健康な毛包を移植し、新しい髪を生やす手術になります。自分の毛包を利用するため拒否反応の恐れがなく、成功率が高いのが特徴になっています。薬でも生えてこない髪の毛を取り戻すことができるため、薄毛やハゲに対する切り札として使われています。

自毛植毛はメリットがある一方で、デメリットも存在します。一つは毛包が確実に定着するとは限らないことです。手術の進歩により成功率はかなり高いものになっていますが、リスクがあることには注意が必要です。また、自毛植毛後に痛みが残るケースも多く、傷口がふさがるまで洗うことができないなど不便な面もあります。

自毛植毛後の安定には2、3週間程度かかる

自毛植毛後に毛包が定着するには2週間から3週間ほどかかるといわれています。人によって個人差があるのもポイントで、医師に問題がないかチェックして貰うことも重要です。無理に頭を洗えば雑菌などが入り、手術が台無しになってしまうことがあります。毛包の定着までは医師の指示をしっかりと守る必要があるのです。

傷口がふさがるまでは食習慣に気を配る必要があります。トウガラシやワサビなどの刺激物をとると体の血流が良くなるため、傷口が痛む原因となります。アルコールの摂取も現金で、痛み止めの薬などの相性も考える必要があるのです。持病がある場合は飲み合わせに制限が生じる場合があるため、医師にしっかり申告することが大切です。

傷口がふさがるまではシャンプーの種類に注意

自毛植毛後に傷口がふさがるまではシャンプーは厳禁となります。医師の許可が出てからシャンプーを利用可能になりますが、成分には注意が必要です。シャンプーの中には爽快感を高めるためにアルコールなどを含んだものが存在し、傷口がしみる原因となります。頭皮の環境を悪化させるため、できるだけ肌に優しいものを選ぶのが大切です。

シャンプーを使えるようになってからすぐは、ベビーシャンプーを使うのがおすすめです。赤ちゃんの肌を考えて作られたシャンプーのため、肌への刺激が小さいからです。育毛シャンプーを利用する人もいますが、中には薬効成分が含まれていて、肌にダメージを与える場合があります。健康な頭皮が戻るまでは利用しない方がいいのです。

回復後は育毛シャンプーで守ることが重要

傷口がふさがり、毛包が定着すれば髪の毛が自然と生えるようになります。髪の毛のサイクルの関係で一時的に抜けることがありますが、次に生える時はより太くなります。これの現象は初期脱毛といわれますが、誰にでもおこるため、手術が失敗したとは限らないのです。

自然に髪が生えるようになっても注意が必要で、しっかりと育毛シャンプーで育てる必要があります。抜け毛の習慣が残っていれば、また薄毛が進行し、髪が抜けてしまう可能性があるからです。しっかりと守って育てる意識が必要です。