食事の内容で薄毛が進む?髪によい食事と悪い食事とは

昔のフサフサ(2323)ヘアーに蘇るあなたに適した究極の育毛剤・発毛剤・増毛促進剤などの口コミ比較ランキングをピックアップ!お客さまからお寄せ頂いた声からおすすめする人気商品の評判・評価をご紹介しております!

食事の内容で薄毛が進む?髪によい食事と悪い食事とは

食事の内容で薄毛が進む?髪によい食事と悪い食事とは

薄毛の原因は人によって様々ですが、食事の影響も大きいという見方もあります。髪が生えるのにも栄養が必要ですが、現代人が不足しがちな栄養素が多いからです。今回は食事の見直し方と、育毛剤を組み合わせるメリットを解説します。

食事の内容で薄毛が進む?髪によい食事と悪い食事とは

薄毛が進行している場合は、生活習慣の見直しと合わせて、食事の内容も見直すのがおすすめです。栄養の偏りが薄毛を早めてしまうケースや、髪が生える環境を悪化させる可能性があるからです。健康に良かれと思ってやっている食習慣がマイナスになる恐れがあるため、必要な栄養をしっかりと把握しておくのがおすすめです。

たんぱく質を摂取し脂質は減らした方が良い

髪の毛はそのほとんどがたんぱく質でできています。そのため、たんぱく質不足は薄毛に与える影響が非常に大きいのです。たんぱく質は肉や魚、大豆などの豆類に豊富に含まれています。極端なカロリー制限で野菜や果物中心の食事にしてしまうと不足しがちな成分でもあるのです。

注意したいのは肉を食べるとどうしても脂肪分も一緒にとりがちになってしまう点です。赤身の肉や鳥のささ身など、脂肪分が少ない肉を食べるか、脂身は食べないようにするなど工夫をするのがおすすめです。脂肪分が多すぎると血液の流れが悪くなり、毛根に栄養が回らなくなる原因になります。魚の脂は脂肪になりにくいため、魚介でバリエーションをつけるのもおすすめです。

塩分のとり過ぎにも注意する必要がある

髪を生み出すためには亜鉛をはじめ、様々なミネラルも必要になります。ミネラルは様々な形で体の中に貯蔵されていますが、中には定期的に摂取しなければならないものもあります。しかし、加齢とともに失われやすくなるミネラルも存在し、尿や汗などから失われてしまうことがあるのです。

塩分のとりすぎは特に注意が必要です。塩分をとりすぎると、血圧が上がりやすくなるだけでなく、体内の塩分バランスをとるために様々なミネラルが消費されます。濃い目の味付けに慣れていると見過ごしがちになるため、インスタント食品やスナック菓子をさけるのが基本です。食事の際も麺類はスープを最後まで飲み干さないなど、工夫を加えた方が良いのです。

飲酒は薄毛にマイナスになることが多い

食事とあわせて見直したいのが、飲酒の習慣です。アルコールを摂取すると肝臓に負担がかかるだけでなく、尿が出やすくなります。肝臓に負担がかかると脂肪の分解能力が落ち、肥満になりやすくなります。

飲酒は薄毛にマイナスになることが多い

また、尿を必要以上に出すと体の中のミネラルが失われやすくなります。様々な面で髪の成長に悪影響を与えるのです。

ポイントになるのが飲みすぎを防ぐことです。お茶や水を飲んでアルコールの量を控えるのが影響を抑えることが大切です。ウーロン茶などでミネラルを補充するのも方法です。

ただし、お茶類に含まれるカフェインにも利尿作用があるため、あくまで程々を心がけるのが鉄則です。お酒は早めに切り上げる癖をつけた方が良いのです。

内側からだけでなく外側から助けることも大切

食事の内容を見直し、生活習慣を健康なものに変えても、結果が出るまでには時間がかかります。髪の毛は生えて抜け、また生えるというサイクルを繰り返しているため、見た目が変わるまでに1ヵ月から数ヵ月単位の時間が必要になるのです。

おすすめなのが育毛剤の利用です。育毛剤を使って外側から頭皮の環境を改善すれば、食事の改善の結果もわかりやすくなるのです。短期間で結果を出したい場合は、抜け毛を防ぐ意味でも育毛剤の利用が重要になります。

ある程度効果がわかれば薄毛を防ぐモチベーションの向上にも役立ちます。継続が薄毛改善の鍵になるため、しっかり抑えておきたいポイントです。