昔のフサフサ(2323)ヘアーに蘇るあなたに適した究極の育毛剤・発毛剤・増毛促進剤などをご紹介致します!

Results for category "人気コラム"

産後の抜け毛対策に!育毛剤選びのポイント3つ

妊娠中・授乳中に避けるものもある

育毛剤でパッケージに「医薬品」と記載されているものは、効き目が強力ですが副作用もあり、妊娠中や授乳中は使用できません。また、医薬部外品のなかにも、注意書きを確認すると「妊娠中・授乳中の方は使用を避けてください」と記載されているものがあります。

妊娠中・授乳中はホルモンバランスが変化しているため、頭皮も敏感になり刺激を受けやすい状態になっています。そんなときに強力な育毛剤を塗布しては頭皮の状態を悪化させてしまう恐れがあり、添加物や薬用成分が赤ちゃんへ影響を及ぼさないとも限りません。産後脱毛症で部分的にハゲることはありませんので、医薬品より効き目は穏やかでも、無添加や自然由来成分で作られた育毛剤を使用しましょう。

効果的な成分が配合されたものを選ぼう

自然由来で効果が穏やかなものでよいといっても、効くかどうか分からないものにお金を使いたくありませんよね。効果が現れないまま使い続けても、薄毛を進行させてしまうだけです。

ひどい場合はFAGAや円形脱毛症になってしまうこともあります。妊娠中・授乳中に使える育毛剤であることを確認したら、育毛に効果的な成分も確認しましょう。

再生医療現場で使用される成長因子として人気のプラセンタや、産後の女性ホルモンを補ってくれるバラエキスや大豆エキスなどもいいですね。自然由来の血行促進成分が配合されていれば、頭皮、毛穴の健康や髪への栄養補給がスムーズになります。頭皮の血行が良くなれば、おまけとして首や肩のコリも解消されやすくなってくるので、産後の体力回復に役立ちますね。

保湿成分配合でフケ防止につなげる

産後の抜け毛以外の悩みでは、頭皮の乾燥が気になると思います。ホルモンバランスの変化や、出産後の体力低下、授乳による栄養不足などで、頭皮はとても乾燥しています。

皮脂バランスも乱れがちなので、毛穴の健康にも影響があります。また、乾燥が悪化するとフケがパラパラ出てきて不潔な印象を与えます。さらに、乾燥を改善しようと油分が過剰に分泌されるため、頭皮がベタついたり、油っぽいフケが出ます。放置したまま過ごすと、頭皮や毛穴が炎症を起こしてしまい、脱毛の恐れもあります。

育毛剤に保湿成分が配合されていれば、髪に栄養を与えながら頭皮を健やかに保つことができます。頭皮の健康は髪を育てるための土台作りにもなりますから、保湿ケアを怠らないことがスムーズな育毛につながります。

あせらず確実に自分に合った育毛剤で髪を育てよう

自分に合った育毛剤を見つけたら、用法・用量を守ってあせらず確実に育毛していきましょう。早く効果を感じたいからといって、適量よりも多く塗布したとしても効果に差は無いばかりか、かえって頭皮環境を悪化させることになりかねません。

産後脱毛症は出産後2~3ヶ月くらいから抜け毛が目立ち始めますが、それから育毛剤を使い始めても大丈夫だといわれています。健康であれば自然にしていても出産後約半年~1年で元のボリュームに戻るので、育毛剤はそれをサポートするために使っていきましょう。

赤ちゃんのお世話で忙しい時期ですが、自身の健康のためにもできるだけしっかり食事を取って、睡眠時間を確保しましょう。身体が健康でないと、身体の健康維持だけで栄養を使い切ってしまって、髪へ行く栄養が無くなってしまいます。身体の中を整え、外側から育毛剤でサポートしていくと順調に髪を育てることができます。

以上、産後の抜け毛対策に!育毛剤選びのポイント3つ…の話題でした。

全然こわくない!産後ママによる脱毛症について

妊娠中はヘアサイクルに変化が起こる

出産を終えたら休むまもなく、生まれてきた赤ちゃんのお世話に明け暮れる日々を過ごす人が多いと思います。少し慣れてきた2~3ヶ月ごろ、髪の毛が急激に抜け落ちてしまうことがあります。

シャンプー時、指に絡みつく大量の髪の毛や、ブラシにごっそり抜け毛がついているのを見てショックを受けてしまいますが、これは「産後脱毛症(分娩後脱毛症)」といって、出産後自然に起こる現象です。

経産婦の約7割が経験するこの産後脱毛症ですが決して病気などではなく、ホルモンバランスの変化によるヘアサイクルの変化が原因です。また、妊娠中の栄養状態や授乳による栄養不足で髪が弱り、細くなっていることもあります。

2種類の女性ホルモンが今後のヘアサイクルを左右する

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、普段は2つのホルモンが交代して生理周期のサイクルを司っています。妊娠するとプロゲステロンの量が増え、母体の体温上昇や妊娠を継続させるはたらきをします。

この他に、プロゲステロンは育毛を促進させて髪を丈夫にし、抜けにくくするはたらきも持っています。そのため、妊娠中は普段よりも髪の量が増え体毛まで濃くなる人もいます。

ヘアサイクル的に妊娠中抜けるはずだった髪も残っていて、出産後いっきにそれらが抜け落ちていき、今度は一時的に髪が薄くなります。この場合男性の薄毛と異なるのは、禿げてしまうわけではなく全体的にボリュームダウンするという点です。

産後脱毛症はホルモンバランスの変化による自然現象で、特に治療などは必要なく、出産後半年~1年ほどで身体とともに元の状態へ戻ります。産後脱毛症はヘアサイクル的には休止期に入っていて、もう2~3ヶ月すれば成長期に入りますから、自然に回復するのを待ちましょう。

しかし、高齢出産のためにヘアサイクルが成長期に入るまで1年以上かかったり、完全に元の状態に戻りきらない場合もあります。

また、産後の生活や環境に強いストレスを感じていたり、疲れが取れないまま育児に追われているなどの原因で薄毛が進行し、円形脱毛症やFAGAになってしまうこともあります。半年~1年経っても髪が薄いままなら、かかりつけの病院で相談してみましょう。

オーガニックシャンプーなど自然回復をサポートしよう

半年ほどで自然に回復し始めるとはいえ、今度は一気に髪が生え始めるため、頭のあちこちから短い髪の毛がピンピンと飛び出してしまうことになります。前髪などもひさしのようになって、買い物や検診などお出かけのときに恥ずかしいと感じる女性も少なくないといいます。

また、元の状態に戻るまで待ちきれない、どうしても薄毛が気になって仕方が無い人もいます。気にしすぎるとそれもまたストレスなので、かえって薄毛を悪化させてしまいます。

そんな場合は、女性用の育毛剤や育毛シャンプー、育毛サプリメントなどで産後脱毛症の回復をサポートしていきましょう。育毛用のオーガニックシャンプーなども充実していますから、上手く活用して育毛をサポートしていきましょう。

妊娠中にプロゲステロンが増えるのは大切なこと。よって、産後に髪が抜けるのはある意味、頑張って出産を終えた勲章のようなものでもあります。それならばできるだけ早く回復させてあげればいいのですが、育毛アイテムだけに頼るのではなく、身体の中のホルモンバランスを整えていくことがカギです。

忙しいからこそストレスをためないように、意識的に気分をリフレッシュさせる時間をもつようにしていきましょう。そして、食事面では生えてくる髪を健康にするためにカルシウムやタンパク質、頭皮の健康のためにビタミン、亜鉛などのミネラル類をしっかり摂っていきましょう。

以上、全然こわくない!産後ママによる脱毛症について…の話題でした。

皮脂の過剰分泌が炎症を起こす脂漏性脱毛症に気をつけろ!

「脂漏」とは、毛穴から皮脂が過剰に分泌されている状態をいい、皮脂漏と呼ぶこともあります。鼻や額が脂っぽくなる「油性脂漏」と、頭部のフケが出る「乾性脂漏」の二つに分けられ、生後2ヶ月ごろと思春期、更年期ごろに出やすい症状です。

この時期は皮脂腺の働きが活発になるため、皮脂が過剰に分泌されやすくなります。このうち、油性脂漏は長引くと毛穴に炎症が起こり、範囲が広がると脂漏性皮膚炎となります。前頭部や後頭部が黄色っぽくなるくらい過剰に皮脂が分泌され、一度取り除いてもまたすぐに大量の皮脂が分泌されます。

脂漏性脱毛はそんなに多くない

脂漏と呼ばれる、過剰な皮脂分泌は誰にでも見られる症状ですが、脂漏による炎症が原因となる脱毛症はそれほど多くないといわれています。過剰な皮脂によって毛穴がふさがれ、一時的に発毛や育毛が阻まれたり髪が抜けやすくなったりすることがありますが、これは脂漏性脱毛ではありません。

脂漏性脱毛とは、毛穴に住んでいる常在菌(マセラチア真菌など)が異常繁殖することで毛穴や頭皮に炎症が起こり、その結果髪の毛まで抜けてしまった状態のことをいいます。

この常在菌は脂を好んでエサにするため、皮脂分泌が正常なときはいいのですが、脂漏の状態になると大量のエサを使って異常繁殖してしまいます。

常在菌が増えすぎると、ただでさえ過剰な皮脂で詰まりがちだった毛穴が炎症を起こし、何もしないまま放置していると化膿することもあります。当然痒みや痛みもあるので、ここまで放置する人はなかなかいないと思います。

脂漏性脱毛はストレスや遺伝がほとんど

脂漏性脱毛症を引き起こす主な原因は、ストレスや遺伝によるホルモンバランスの乱れであるといわれています。特に思春期は皮脂腺の働きが活発になり、加えて精神が不安定になりやすい時期でもあるため、脂漏性脱毛を発症しやすくなっています。

男性は女性よりも皮脂の分泌が活発ですが、ホルモンバランスの乱れやストレスによる皮脂の過剰分泌は女性でも起こることなので、脂漏性脱毛症も性別に関係なく起こります。しかし、国内でもハッキリとした脂漏性脱毛の症例は少ないという点から、ストレスの溜め込みすぎや遺伝によるホルモンバランスの乱れが原因であると考えられています。

頭皮の炎症に気付いたら皮膚科へ

頭皮に、抜け毛をともなう痒みや痛みを感じたら皮膚科を受診しましょう。そうでなくても、痒みがずっと続いている状態であれば、一度皮膚科へ相談してみることをおすすめします。毛穴の炎症にも段階があるため、炎症の軽い初期状態なら抜け毛も少なくてすみますし、治療も早く終わります。

皮膚科では炎症を鎮めるお薬や抗生物質が処方されるほか、増えすぎた常在菌を殺菌するための外用薬が処方されます。余分な皮脂分泌を抑えるためにビタミン剤が出されることもありますが、ビタミンを多く含む食材を意識して摂ってもいいでしょう。

ストレスを軽減し生活習慣を改善しよう

お薬による治療で症状が治まったとしても、これまでどおりストレスフルな生活を続けたり、ホルモンのバランスを欠いた状態が続けば、脂漏性脱毛を繰り返すことになります。

できる範囲からでいいので、ストレスになるような習慣や行動を見直し、リラックスする時間を設けるようにしましょう。ホルモンバランスを整えるには、それを司っている腸からアプローチするといいですよ。

食べすぎや飲みすぎをなくし、食物繊維や酵素、お水を意識的に取って腸の負担を減らすことが重要です。ストレスにならない程度の運動も心がけ、心身ともに健康な状態をキープするといいですね。

以上、皮脂の過剰分泌が炎症を起こす脂漏性脱毛症に気をつけろ…の話題でした。

女性の薄毛改善にはドライフルーツやナッツがおすすめ!

ドライフルーツはミネラルが豊富

健康な髪を育むために必要なのがビタミンやたんぱく質、そしてミネラルです。このうちのミネラルが手軽に取れる食べ物として、ドライフルーツに注目が集まっています。

ドライフルーツは果物を天日で乾燥させたもので、水分が抜けていく過程で栄養が凝縮されます。なかでもミネラル類は生の状態よりも倍以上増える傾向にあり、小さくて食べやすいことから「天然のサプリメント」と呼ばれています。

干しブドウ(レーズン)、プルーン、いちじく、干し柿などがミネラル豊富で、手に入りやすいドライフルーツです。特に干しブドウやプルーンには亜鉛が多く含まれていて、丈夫で健やかな髪作りに役立ちます。また、イチジクには植物性エストロゲンが含まれていて、女性ホルモンの働きをサポートして髪の育成に役立ちます。

ナッツはビタミン豊富で油分が良質

ナッツ類はビタミンと良質な油分を含んでいて、ミスユニバース公式栄養コンサルタントが女性達に積極的に食べるよう指導するほどです。豊かで美しい髪作りには、ビタミンB群が豊富なピーナッツやくるみ、カルシウムや鉄分も豊富なアーモンドや、亜鉛が豊富なココナッツなどを食べるといいでしょう。

また、ナッツの良質な油分はオレイン酸やリノール酸などの不飽和脂肪酸で、血管を守って皮脂の状態を良好にしてくれるため、頭皮や毛穴の健康に役立ちます。

くるみは100g中に68.8gの不飽和脂肪酸を含み、アーモンドも100g中54.2gの不飽和脂肪酸を含むほか、ヘーゼルナッツやマカダミアナッツも良質な油分が豊富です。

食物繊維で腸内環境改善によりお腹回りもすっきり!

腸内環境はホルモンバランスに影響を与え、血液も腸で作られて全身へ運ばれています。そのため腸内環境を整えておくことが大切ですが、ドライフルーツもナッツも共通して食物繊維を豊富に含んでいます。

スーパーなどで小さな袋にちょこっと入ったドライフルーツやナッツを見かけますが、食べてみると以外に満腹感が得られます。これは食物繊維が豊富だからなのですが、さらにドライフルーツには水に溶ける水溶性食物繊維と、水に溶けない不溶性食物繊維の両方がバランスよく含まれています。

そのため、適量を食べることで腸内を保護して掃除までしてくれます。ナッツも食物繊維が豊富で、良質な油分を含むため腸内の流れもスムーズになり、適量であれば負担になることはありません。

一日に必要な量を知り食べ過ぎに注意する

ドライフルーツもナッツも、適量であれば薄毛改善に役立つ食べ物です。しかし、髪に必要な栄養を含んでいるからといって、食べ過ぎてしまうと逆効果になります。どちらもカロリーが高く、食べ過ぎると肥満につながりますし、食物繊維も摂りすぎると腸の負担になってしまいます。

選ぶ際のポイントは、無添加で砂糖や塩で味付けされていないものを選ぶことです。ドライフルーツの一日の必要量は約80kcal分となっていて、干しブドウなら約25gほど、プルーンやイチジクは3個ほどが一日の適量です。

ナッツは一日に約25gが適量で、アーモンドなら20~25粒、マカダミアナッツなら13粒、くるみなら8粒ほどが適量です。アーモンドなどは意外と沢山食べても良いので、出かける前に軽くひと掴み分をチャック付きビニール袋に入れて、持ち歩くこともできます。このように手軽で便利なうえ、髪に必要な栄養が豊富なドライフルーツとナッツを取り入れて、美味しく薄毛改善を目指すのもいいですね。

以上、女性の薄毛改善にはドライフルーツやナッツがおすすめ…の話題でした。

初期脱毛の理解で挫折や遠回りしなくてすむかも!?

抜け毛や薄毛が気になってきたから育毛剤や発毛剤を購入して使い始めたのに、抜け毛が増えてしまった。実は、こういうことはよく起こるもので、育毛における「初期脱毛」といわれています。

もちろん、初期脱毛が起こらず順調に増毛する人もいますが、初期脱毛のことを知らずにショックを受けて、挫折してしまう人もいます。

この初期脱毛は、育毛剤を使い始めてから平均で2週間くらい経過すると一時的に抜け毛が増えて、薄毛が悪化したように感じる現象のことです。

抜け毛が増えだす時期には個人差があり、早い人は使い始めてから10日くらいで抜け毛の増加を感じるようです。また、抜け毛の量にも個人差があり、抜け毛が気にならない人や沢山抜けたと感じる人などそれぞれです。

元気な髪が生えるための初期脱毛

なぜ、育毛剤を使うことで一時的に抜け毛が増えるのでしょうか。髪の毛には成長期、退行期、休止期の順にサイクルがあります。成長期に髪が育ち、退行期に髪が成長を終えて休止期に入ると、いつ抜け落ちてもよい状態が2~3ヶ月続きます。初期脱毛で抜けているのは、この休止期にある髪の毛なんです。

初期脱毛が起こるメカニズムは、育毛剤がしっかりと毛母細胞にアプローチ出来ていることから始まります。育毛剤の成分が毛母細胞に届くと、それまで休止状態になっていた髪の毛が再び成長期を迎えます。

すると、新しい髪の毛が作られ成長しはじめるので、今生えている古くて弱い髪の毛は役目を終えて一斉に抜け落ちます。初期脱毛は大量リストラではなく、世代交代のための抜け毛だったのですね。

初期脱毛が長引いたら要注意です

初期脱毛は通常、1ヶ月も経てば自然に治まります。この初期症状のことを知らずに、抜け毛が増えたからといって育毛剤や発毛剤を捨ててしまうのはもったいないことです。

この時期を乗り越えると、新しく生えてきた元気な髪の毛を育てていき、ボリュームを実感できるようになるでしょう。しかし反対に、一ヶ月以上経っても大量に髪の毛が抜け続けていたら要注意です。この場合、抜け毛以外に何か頭皮や毛穴にトラブルが無いかチェックしてみましょう。

抜け毛に加えてずっと痒みがとまらなかったり、痛みを感じたり赤みが出たりしていたら、育毛剤の使用を中止して皮膚科を受診します。そうしたトラブルなく、一時的な抜け毛の後から産毛が生えてきていたら、初期脱毛を乗り越えられているということです。

説明書に書かれていない場合もある

育毛剤や発毛剤を購入する際に配合成分や使い方を確認すると思いますが、説明欄には初期脱毛について書かれていない場合があります。そのため、使い始めてから抜け毛が増えてショックを受けることになるのですね。育毛剤や発毛剤は医薬部外品が多いですが、初期脱毛はこれらの副作用などではなく、効果があるからこそ起きる現象です。

効果の現れ方には個人差があるため、初期脱毛もすべての人に当てはまるわけではありませんが、知っているのといないのとではその後の薄毛改善活動も変わってくると思います。

また、薄毛を改善するのであれば育毛剤や発毛剤の使用と一緒に、適度な運動や栄養バランスのとれた食事、質の良い睡眠をとるなどの健康的な生活習慣を心がけましょう。

以上、初期脱毛の理解で挫折や遠回りしなくてすむかも…の話題でした。

知らないと髪の毛が台無しになる!発毛剤と育毛剤の違いを知っておく!

発毛剤と育毛剤は混同しやすい

髪の量が減ってきた、と一口にいっても、どのようにしてボリュームダウンしているのかは人それぞれです。ある部分だけ髪が抜け落ちて頭皮が見えてしまっている、いわゆる「ハゲ」の状態の人もいれば、全体的に髪の量が少なくなってスカスカの人もいます。また、髪は生えているけれど細くてハリ・コシのない髪になってしまっている場合もあります。

手当たり次第ヘアケア用品を使う前に、まず今、自分の髪が抜け落ちて少なくなっているのか、細くなっているのかなどの状態を知ってからアイテム選びへ進んでいきましょう。

ヘアケア用品は目的別に種類が分かれていて、パッケージを見ると「発毛剤」と書いてあったり「育毛剤」と書いてあったりします。

どっちも同じじゃないの?と思うかもしれませんが、この二つにはハッキリとした違いがあり、髪の状態に合っていないものを選んで使用しても意味がありません。適切なヘアケアのためにも、自分の髪の状態とヘアケア用品の違いを知っていきましょう。

発毛剤は髪が生えるのをサポートしてくれる

ヘアケア用品でパッケージに「発毛剤」と書いてある商品は、その名の通り発毛を促進するためのアイテムです。発毛剤はミノキシジルやフィナステリドが発毛に効果がある成分として配合され、国によって発毛効果や脱毛予防への有用性が認められているため、ヘアケア用品のなかでも「医薬品」としてドラッグストアや病院で入手することができます。

発毛剤は頭皮に塗布したり服用したりして、頭皮の毛母細胞を活性化させることで発毛を促進します。細胞分裂も促してくれるので、髪が増える効果も期待できます。しかし、発毛効果に期待するあまり適量を超えて使用してしまうと、かえって頭皮環境を悪化させる可能性があるため、用法・用量を守って正しく使うことが大切です。

また、男性特有の脱毛として男性ホルモンの増えすぎによる「AGA」があります。

こちらはホルモンバランスを整える必要があり、発毛剤だけでは改善が難しいため医療機関の受診をおすすめします。AGAだった場合はお薬による治療が可能ですから、AGAかもしれないと思ったらお医者さんに相談してみましょう。

育毛剤は今生えている髪を守ってくれる

育毛剤はヘアケア用品の中では「医薬部外品」に分類されていて、使用することで今生えている髪の毛を丈夫にし、抜けにくくする効果が期待できます。

髪にハリやコシが戻り、細かった髪が太くなることもあるので、見た目には髪が増えたように感じられるかもしれませんが、育毛剤に発毛効果はありません。

しかし、血行を促進して頭皮や毛根の状態を整えてくれるので、次に新しく生えてくる髪も丈夫で抜けにくいものになります。

育毛剤にはいくつかの種類があり、頭皮の余分な皮脂分泌をを抑える効果の期待されるものや、血行を促進させて髪へより多くの栄養を与える効果が期待されるもの、さらにはAGAの原因である悪玉男性ホルモンの発生を抑える効果が期待されるものがあります。

外側と内側の両方から髪へアプローチする

健康な髪の寿命はおよそ8年となっていて、寿命を迎えると自然に抜け落ちていき、また新たな髪が生えてくるようになっています。AGAで無い場合は、不健康な生活習慣やストレス過多による頭皮へのダメージ、ホルモンバランスの乱れなどが脱毛の原因として挙げられます。

もちろん発毛剤も育毛剤も優秀なアイテムが揃っていますが、それだけでは十分とはいえず、効果も一時的なものになってしまいます。発毛したい場合も育毛したい場合も、より効果的におこなうためにはヘアケア用品で外側からアプローチするとともに、身体の内側も整えていくことが大切です。

以上、知らないと髪の毛が台無しになる!発毛剤と育毛剤の違いを知っておく…の話題でした。

髪の毛はもともと白い!?メカニズムを知って白髪をケアしよう

もともとは白い髪の毛が生えている

日本人やアジア人は黒髪で、西洋人は明るい髪色をしていますよね。そんな黒髪に白髪が混じるととても目立って、ある調査では白髪がある人の見た目年齢は、実年齢プラス7歳も老けて見えるそうです。そんな厄介な白髪ですが、黒髪の人にも明るい髪色の人にも共通して生えています。

これはなぜかというと、人種や国籍に関係なく、ヒトの髪の毛はもともと全部白い髪の毛だからなのです。毛球部にある毛母細胞から白い髪の毛が生えはじめると、メラノサイトと呼ばれる色素細胞が髪に色を付けるよう命令を出します。

そこで黒い色素のメラニンを発生させて、髪の毛を黒く色付けしているのです。メラノサイトやメラニンは化粧品のCMなどで「シミの素」として紹介されていますが、髪の毛の色を作ってくれている大切な細胞でもあります。

メラノサイトが衰えると白いまま生える

そんな重要なメラノサイトですが、加齢などの原因によって細胞が衰えたり栄養が届かなくなると、色を付けるための命令を出すことが出来なくなります。その結果髪に色を付けることが出来ず、髪が白いまま伸びていってしまうため、「白髪が生える」ということになります。

メラノサイトが衰える原因としては加齢やストレス、血流を悪くするような不健康な生活習慣などが挙げられます。髪の毛に必要な栄養は血液によって運ばれますが、栄養は内臓優先で運ばれ、身体の一番外にある髪の毛はその後になります。髪のキレイな女性がモテるのは、栄養が後回しになる髪までもキレイだということが、男性には健康である証として映るからなのです。

生活習慣を見直して白髪を改善

髪に必要な栄養は血液が運んでいるので、血流が悪くなったり栄養が偏っていると当然髪の細胞も衰えます。加齢による衰えはどうにも出来ないので、それ以外で血流を改善するには生活習慣を見直すことが重要となります。運動不足や外食ばかりの食生活では血液がドロドロになり、流れも滞ってしまいます。

ウォーキングやストレッチなどの軽い運動を続けるよう心がけ、和食を中心とした自炊を増やすようにしましょう。また、髪の生育を邪魔する活性酸素を増やさないための睡眠も大切です。日付が変わる頃には布団に入るようにして、就寝後2~3時間でぐっすりとした深い眠りに入れていることが理想です。寝る前にストレッチをおこなったり、お風呂を出たらパソコンやスマホを見ないようにするなどの工夫をしましょう。

ストレスも白髪を増やしてしまう

ストレスで白髪が増えた、という話を聞いたことがあると思いますが、ストレスも白髪を増やす原因になります。強いストレスが続くと、身体が緊張状態になり、筋肉がこわばって血流が滞りがちになります。内臓の働きも弱くなるので、せっかく食事をしても消化・吸収が上手くいかず、栄養不足になります。

消化・吸収されない内容物は溜まったまま腐敗していき、血液を造っている腸内環境を悪化させて血液の質を低下させてしまいます。こうして頭皮や毛根へ栄養が届かなくなり、白髪が増えてしまうのです。ストレスや生活習慣は年齢に関係なく影響を与えますから、白髪が生えてから悩むより、若いうちから日ごろの生活習慣やストレスについて気をつけていくことが大切ですね。

以上、髪の毛はもともと白い!?メカニズムを知って白髪をケアしよう…の話題でした。

ハゲイコール毛根の死ではない!引きこもり髪を毛根再生させよう

毛根は生きているけれど長いお休みにある

マンガやお笑いの世界で、薄毛の人を指して「毛根が死んでいる」と言ったりしますよね。いったいいつ、誰が言い始めたのか定かではありませんが、妙な説得力があるため信じている人も多いのではないかと思います。

でも、よく考えてみると、育毛剤や発毛剤の広告などで見るイメージ図には、ハッキリと毛根が描かれています。弱った髪を元気にする育毛剤ならまだしも、髪を生やす発毛剤の広告にも描かれています。ということは、頭髪はツルツルにハゲていても毛根は死んでなどいないんです。

広告のイメージ図からも分かるように、髪や毛根は頭皮の下で休んでいる状態です。ヘアサイクルにも「休止期」の期間があり、次の髪が生えるまでの準備期間は髪が生えていない状態になります。しかし、薄毛の人はその休止状態が長引いて引きこもり髪になり、それがどんどん広がっているのです。

毛母細胞が細胞分裂して髪の毛ができる

毛根は、大火傷や手術の縫合ぐらいのダメージを受けない限り、簡単に死んだりしません。外から見えなくても、頭皮の下「真皮層」で休んでいます。なぜこのように休止期が長引くのかというと、頭皮の栄養不足やストレス過多によって毛根が弱ってしまうからなんです。また、ホルモンバランスの乱れが発毛命令を出せなくさせることもあります。

髪の毛は肌の真皮増にある毛球部で、毛乳頭細胞が毛細血管から得た栄養を毛母細胞へ送り出し、毛母細胞が栄養を受け取って細胞分裂を繰り返すことで生まれ、やがて頭皮の外側へ飛び出していきます。

この期間を髪の「成長期」といい、2~5年継続したあと成長が止まって「退行期」となり、2~3週間後からは「休止期」に入ります。通常、健康な頭皮であれば休止期は3ヶ月ほどで、また新しい髪が生えてきます。これがヘアサイクルです。

毛根再生に心がけること

引きこもり状態にある毛母細胞を活性化させ、毛根を再生させられれば髪はまた生えてきます。自分の薄毛や脱毛症のタイプを知って、もし頭皮や毛穴にトラブルがあればそちらを優先して解決しましょう。

特に炎症や痒みなどがなければ、育毛剤や発毛剤を塗布することで頭皮の血行を促進し、栄養を与えて髪を元気にしていきましょう。また、普段の生活中でも育毛に効果的な行動を心がけることが大切です。シャンプーをするときもゴシゴシ洗いは禁物で、まずぬるま湯でしっかり予洗いをしたあとに、適量のシャンプーを手で泡立てます。

シャンプーは頭皮を洗うためにおこなうことなので、髪の量が少なくても指の腹を使いながら頭頂部へ向かって優しくマッサージ洗いをしましょう。シャンプーの頻度も1日~2日に一度おこなうくらいで大丈夫です。あまり多すぎると必要な皮脂まで奪うことになりますし、放置しすぎては汚れが溜まってしまいます。

食事で必要な栄養を補給し運動で血行促進

髪の毛はケラチンというたんぱく質でできているので、お肉や魚、卵などで良質なたんぱく質を摂りましょう。しかし、お肉を食べればいいからといって毎日から揚げやトンカツばかりでは血液の質が悪くなり、かえって頭皮の健康状態を悪化させてしまいます。焼き鳥やしゃぶしゃぶのような、余分な油を落とす食べ方を工夫するといいでしょう。お酒が好きなら、おつまみにナッツを食べるのもいいですよ。

塩味の付いていない素焼きタイプのアーモンドなら頭皮の健康に必要なビタミンE群やB群が豊富で、オレイン酸などの良質な油分が質の良い皮脂を作り出してくれます。必要な栄養を補ったら、ウォーキングやストレッチなど軽い運動をして全身の血行を促進させましょう。身体がポカポカ温まって、ストレスもリリースしやすくなります。

以上、ハゲイコール毛根の死ではない!引きこもり髪を毛根再生させよう…の話題でした。

粃糠(ひこう)性脱毛でカサカサフケやべたべたなフケに悩まされる

大量のフケが出る粃糠性脱毛症

粃糠性脱毛症とは、あまり聞きなれない名前ですが「粃」が穀物の籾殻を表していて、「糠」は米ぬかなどの糠を表しています。実際には人の頭皮から籾殻や糠が出るわけではありませんので、これは頭皮の「フケ」が大量に出ている様子を籾殻や糠に例えて表した言葉です。粃糠性脱毛の特徴は大量のフケが出ることですが、そのフケにもいくつか種類があります。健康な頭皮でも普通に出るようなカサカサのフケや、反対にベタベタのフケもあり、毛穴を塞いでしまうカサブタのようなフケもあります。そしてこれらのフケが前頭部から後頭部にかけて大量に出てしまい、痒みが出たり毛穴や頭皮に炎症を起こしてしまいます。

粃糠性脱毛症は毛穴に炎症が起こる

粃糠性脱毛症は、頭皮の異常によって発生した大量のフケが毛穴を塞いでしまい、皮脂の出口がなくなって毛穴詰まりを起こします。すると頭皮の常在菌がフケや皮脂をエサにして異常繁殖し、毛穴が炎症を起こした結果、髪が抜けてしまう症状です。粃糠性脱毛症は一般的なフケ症とは異なり、健康な頭皮であっても新陳代謝による多少のフケは出ますし、髪も抜けますから、少しフケや抜け毛が増えただけでは粃糠性脱毛症とはいえません。しかし、毛穴が炎症を起こしていたり、頭皮の痒みや痛みがずっと続くような状態は何らかの皮膚トラブルであるといえますから、早めに皮膚科へ相談しましょう。

アレルギー体質やストレスによる発症もなり兼ねない

フケが気になったらブラッシングやシャンプー後の頭皮をチェックしてみて、フケの量を確認しましょう。頭皮を覆い隠すほど大量にフケが出ていたら、頭皮にトラブルが発生しています。フケが大量に出る原因はハッキリと解明されておらず、皮膚の炎症によるものか免疫異常、ホルモンバランスの乱れやストレスなどが考えられています。粃糠性脱毛症がもともと何らかのアレルギーを持っている、アレルギー体質の人に多くみられるため、アレルギーによるフケではないかともいわれています。男性ホルモンにフケの発生を促進する働きがありますが、女性にも男性ホルモンがあるので、男女関係なくホルモンバランスが乱れると粃糠性脱毛症になる可能性があります。ホルモンバランスは強いストレスが続くと乱れるため、溜め込みすぎに気をつけましょう。

皮膚科を受診して低刺激シャンプーをしよう

毛穴が詰まるほどフケが大量に出ていたり、痒みや炎症など頭皮に異常を感じたら、まずは皮膚科へ相談しましょう。粃糠性脱毛症と診断された場合、炎症を抑えるためにステロイドなどの塗り薬や内服薬、皮脂コントロールのためのビタミン剤などが処方されます。また、フケが大量に出るとどうしてもシャンプーの回数が増えたり、強力な洗浄力のシャンプーを使いたくなりますが、炎症が悪化するなどかえって頭皮にダメージを与えることになります。シャンプー剤は天然成分で刺激の少ないものを選び、入浴前にやさしくブラッシングしてある程度フケを浮かせておきます。シャンプー剤を付ける前にお湯でしっかり予洗いをすれば、ゴシゴシしなくても十分フケを取り除けます。

粃糠性脱毛症になる人は多くない

粃糠性脱毛症は脱毛の中でも珍しい症状で、大量のフケが頭皮の毛穴を塞ぐため炎症が起こり、髪が抜け落ちてしまうまでになります。しかしこのような大量のフケが出ることは珍しく、アレルギーや免疫異常、ホルモンバランスの乱れなどが考えられますが、ハッキリとした原因はいまだ解明されていません。ホルモンバランスを崩すような強いストレスはリリースして、頭皮に異常を感じたり粃糠性脱毛症かなと思ったら、早めに皮膚科を受診しましょう。

以上、粃糠(ひこう)性脱毛でカサカサフケやべたべたなフケに悩まされる…の話題でした。

UV(紫外線)と抜け毛の深い関係を理解しましょう

夏から秋にかけては体がバテ気味になったり、食欲が落ちたりと健康を害するような出来事がたくさん起こりますよね。
これと並行するように起こることの一つに抜け毛があります。
食欲不振から栄養不足になって髪が抜けやすくなる、といった原因ももちろんあるわけですが、最も大きな原因としてはUV(紫外線)の影響が上げられるのです。

メラノサイトを活発にすることでシミや黒ずみが絶えない

紫外線が多い季節と言えば、一般的に7月や8月の暑い時期だと思いますよね。
でも紫外線と気温の間に特に関係はありません。
年中冬なイメージの南極や北極だって相当キツイ紫外線が降り注いでいますから。

皮膚の表面に対する刺激が強く、夏に皮膚を真っ赤にする原因がUV-Bと言われる紫外線です。
2月後半頃から増え始め、5月から9月にピークを迎えます。
4月と10月のUV-Bの量はほぼ同程度ありますから、UV-B対策は花粉症と同時に行っていく方が良いと言えますね。

表皮と言われる皮膚表面だけではなく、皮膚の最深部の真皮にまで到達するUVがUV-Aです。
メラニンを作る細胞であるメラノサイトの働きを活発化させますので、皮膚が黒く焼けたり、いわゆるシミの原因となるのがこのUV-Aです。
UV-AのピークはUV-Bと同じく5月から9月ごろとなりますが、真冬でも一定量が降り注いでいます。
このため通年でUV対策を施す方が本当はよいのだと言うことが、お分かりいただけると思います。

紫外線が髪の毛にキューティクルが失わせる影響とは

まずは直接髪の毛に与える影響を見てみましょう。
髪の毛にダメージを与える紫外線はUV-Aです。
UV-Aによって髪の毛に含まれているタンパク質を破壊してしまうことが原因で、髪の毛がパサついてしまいます。
このパサつきは、本来ならば髪の毛に閉じ込めておくべき栄養であったり潤いが失われるために起こるのですが、タンパク質が破壊されることで髪の毛のキューティクルが失われてしまうために起こるのです。

髪の毛が変色するのもUV-Aが原因です。
UV-Aによってキューティクルが破壊された髪の毛に侵入し、メラニン色素をも破壊してしまうためです。

難しく言わずに簡単な言い方をすると、顔に浴びるUV-Aの2倍の量を髪の毛に受けていると言われています。
少し外出するだけで顔が黒くなりますが、髪の毛にはその2倍ものUV-Aを受けているのですから、どれほどのダメージを受けているのかが簡単に分かると思います。

紫外線が頭皮に直接当たるとフケやカユミを発生させる恐れ

顔と違って頭皮は太陽に向かう位置にあるのですから、顔以上にUV-Aを浴びていることは容易に塑像できますよね。
UV-Aが頭皮に当たると乾燥しやすくなることで、潤いを失ってしまいます。
そうするとフケやカユミも発生してしまいます。

UV-Aによる影響は、毛母細胞という髪の毛を作る製造工場の破壊へとつながります。
抜けやすくなるだけにとどまらず、ついには髪の毛自体が作られなくることで薄毛へと進んでしまうのです。

抜けにくい髪の毛育てる紫外線防止策について

最も簡単で有効的な方法は帽子をかぶることです。
帽子をかぶることでUVを遮断して、髪の毛や頭皮への影響を最小限に抑えることができるのです。
その他に日傘を使ったり、髪の毛にも使える日焼け止めを使うなど、特に難しい対策と言ったものはありません。

そしてUVをたっぷり浴びた髪の毛には、シャンプー後のトリートメントをしっかり行うことが大事です。
一度傷ついた髪の毛を元通りに戻すことは無理かもしれません。
せめてその傷が浅いうちにケアしてあげて、抜けにくい髪の毛にしていきましょう。

以上、UV(紫外線)と抜け毛の深い関係を理解しましょう…の話題でした。