昔のフサフサ(2323)ヘアーに蘇るあなたに適した究極の育毛剤・発毛剤・増毛促進剤などの口コミ比較ランキングをピックアップ!お客さまからお寄せ頂いた声からおすすめする人気商品の評判・評価をご紹介しております!

Results for category "人気コラム"

ショートカットは薄毛予防に最適?髪が気になるなら知っておきたいこと

ショートカットは人によって好みが分かれ、活動的でいいという人もロングの方が良いという人もいます。頭皮にかかる負担を考えた場合はショートカットの方が良く、薄毛になりにくい面があるのもポイントです。無理なダイエットなどが原因で若い女性でも髪が抜けることがあるため、知識だけでも持っておくと将来に違いが出ます。

ショートカットだと薄毛になりにくいわけとは

ショートカットはロングへアに比べ、薄毛になりにくい面があります。これは髪の重量で常に頭皮が引っ張られているからです。特に髪をきつく縛り、頭皮を引っ張るスタイルを続けるのは危険です。同じ髪型を続けることで頭皮にダメージが蓄積し、抜け毛が進行する場合がるのです。

ロングヘアは髪の重量の分だけ頭皮に負担をかけますが、ショートカットでも髪をきつく整えるスタイルを続ければ薄毛になる可能性があります。また、薄毛が進行する理由は髪形だけでなく、普段の生活習慣も影響しています。いつまでも美しいロングヘアの女性がいるように、個人によっても差が出るのです。

若い女性で薄毛に悩む人が増えている

ショートカットは薄毛をカバーする意味でもプラスになります。ロングヘアだとどうしても頭頂部のボリュームを出しづらくなります。ショートカットであればある程度盛りやすいのがメリットです。無理なダイエットや不規則な生活で抜け毛に悩む女性は増えていて、誰にも相談出来ないケースも珍しくないのです。

髪色を気軽に変えられるようになったのも影響しています。自分で脱色してカラーを女性は珍しくなく、結果として髪や頭皮にダメージが入りやすくなっているのです。人づてに聞いたヘアケア方法でかえって状況を悪化させる場合もあります。女であっても自分の髪を守る意識が大切になっているのです。

ストレスがたまりやすいことも原因の一つ

薄毛に悩む女性が増えている理由の一つが、ストレスです。スマホなどで簡単に他人と連絡が取れることや、様々な情報に触れられることが知らないうちにストレスになっていることも多いのです。スマホの見すぎで眼精疲労などを起こし、体調の悪化や集中力の低下を起こしている場合もあります。疲れると自分のことに鈍感になるため、自覚症状が出にくいのがポイントです。

ストレスを発散することは非常に重要ですが、休むことも大切です。遊んで気分を発散させるのは方法ですが、楽しいと思っても脳は疲れてしまう点に注意です。感情が動くと脳はエネルギーを消費するため、たまには何もない日を作って休んだ方がいいこともあります。

育毛サプリで補うとプラスになることも

イライラや精神の不安定さが、栄養不足で起こる場合があります。不足しがちな栄養をサプリで補うのも方法で、育毛サプリで髪を守るのも方法もあります。薄毛が気になってからではショートカット以外の髪型が楽しめなくなる場合があるため、気になる前から守るのも大切なのです。

育毛サプリはイライラすると消費されてしまう、ミネラル分が含まれることが多くなっています。髪を成長させるためにはミネラルが必要で、野菜や果物だけではとりきれないものもあるのです。ダイエット時の栄養補助にも使えるため、積極的に利用するのも賢い方法なのです。美容のためにこっそり続けている人がいるのもポイントです。

猫毛は薄毛の原因になる?セーフなケースとアウトなケース

猫毛だと薄毛になりやすいと言うウワサがありますが、実際には根拠がないものです。髪の毛の質は生まれつきのもので、抜け毛のスピードなどには関わりがないからです。一方で、太かった髪が細くなり、猫毛に見えるようになってきた場合は、毛根に十分な栄養が届いていない可能性が出てきます。

猫毛になる遺伝子と薄毛が進む遺伝子は別

猫毛が薄毛になりやすいと言うのはただのウワサで、実際は関係がないものです。髪の毛が細いのと薄毛が進む遺伝子はまったく別のもので、生活習慣などの影響の方が大きいからです。ただし、猫毛と薄毛が進む遺伝子が一緒になっている場合は、薄毛になる可能性も出てきます。

薄毛が進む遺伝子は、実際に薄毛を早めるわけではなく、AGA(男性型脱毛症)の発症率を高める遺伝子になります。AGAの治療をしてしまえば薄毛は止まるため、必ずハゲるわけではないのです。また、AGAを発症率しなくても精神的なストレスなどで薄毛が進行することはあるので、十分な注意が必要です。睡眠不足や食習慣の偏りが原因の場合もあります。

成長してから猫毛に見える場合は注意が必要

生まれつきの猫毛ではなく、成長して髪が細くなった場合や、部分的に猫毛に見えるようになった場合は注意が必要です。髪質が明らかに細くなっている場合は栄養不足や睡眠不足を疑った方が良く、薄毛が進行しているケースがあるからです。気のせいかどうか自分で判断するよりも普段の生活を見直すのがおすすめで、将来的な薄毛予防にも役立ちます。

ポイントになるのが、食事の偏りと睡眠のバランスです。肉や炭水化物、あるいは野菜や果物に偏った食事は薄毛の原因となります。睡眠不足にも注意が必要で、夜中に何度も起きてしまう場合は睡眠の質が悪くて効率よく休めていない可能性が出てきます。

ストレスで猫毛化が進む場合もあり得る

ストレス原因で髪質が細くなる場合もあります。ストレスは自律神経を狂わせ、睡眠の質を悪くする場合や、栄養の吸収を妨げる場合があります。健康全般や精神面への影響が大きく、自覚がないままストレスを溜め込んでしまう場合もあるのです。仕事や勉強で追い込まれている場合は特に注意が必要です。

運動不足から体が緊張し、身体的なストレスがたまる場合もあります。軽い運動やストレッチはストレスをためないポイントです。また、声を出すこともストレス発散に役立つため、カラオケなどで歌うのも方法です。人がいると無意識に気を使うことも多いため、一人カラオケを楽しむのもおすすめになります。

栄養が不足気味なら育毛サプリを活用する

栄養が不足しがちだと思った場合は育毛サプリを利用する方法もあります。育毛サプリには日ごろ不足しがちな栄養素が含まれている場合が多く、食事による不足を補うことができます。髪が薄くなってきたと思った場合は予防的に利用するのも方法です。育毛以外の健康効果を目指して栄養を加えたものもあるため、自分好みのものや、コストパフォーマンスで選ぶのがポイントです。

大切なのは継続することです。育毛サプリを利用しても効果を実感するには時間がかかることが多いからです。髪の毛が抜けて太く生まれ変わるにはタイムラグがあることにも理解が必要です。遺伝的に不安がある場合でも生活習慣からの薄毛予防に役立つため、試してみるのもおすすめです。

髪が生えなくなっても自毛植毛がある!アフターケアのポイントまとめ

長い間薄毛を放置してしまうと、髪が生えなくなった部分の毛包が死滅し、二度と髪が生えない状態になってしまいます。薬などを使っても髪が生えない状態になりますが、自毛植毛を行えば再度髪が生える可能性があります。これは髪が生えない部分に健康な毛包を移植するためで、定着すれば新しい髪が生えるようになるのです。

自毛植毛は薄毛対策の切り札になる

自毛植毛は毛包が死滅した部分に自分の健康な毛包を移植し、新しい髪を生やす手術になります。自分の毛包を利用するため拒否反応の恐れがなく、成功率が高いのが特徴になっています。薬でも生えてこない髪の毛を取り戻すことができるため、薄毛やハゲに対する切り札として使われています。

自毛植毛はメリットがある一方で、デメリットも存在します。一つは毛包が確実に定着するとは限らないことです。手術の進歩により成功率はかなり高いものになっていますが、リスクがあることには注意が必要です。また、自毛植毛後に痛みが残るケースも多く、傷口がふさがるまで洗うことができないなど不便な面もあります。

自毛植毛後の安定には2、3週間程度かかる

自毛植毛後に毛包が定着するには2週間から3週間ほどかかるといわれています。人によって個人差があるのもポイントで、医師に問題がないかチェックして貰うことも重要です。無理に頭を洗えば雑菌などが入り、手術が台無しになってしまうことがあります。毛包の定着までは医師の指示をしっかりと守る必要があるのです。

傷口がふさがるまでは食習慣に気を配る必要があります。トウガラシやワサビなどの刺激物をとると体の血流が良くなるため、傷口が痛む原因となります。アルコールの摂取も現金で、痛み止めの薬などの相性も考える必要があるのです。持病がある場合は飲み合わせに制限が生じる場合があるため、医師にしっかり申告することが大切です。

傷口がふさがるまではシャンプーの種類に注意

自毛植毛後に傷口がふさがるまではシャンプーは厳禁となります。医師の許可が出てからシャンプーを利用可能になりますが、成分には注意が必要です。シャンプーの中には爽快感を高めるためにアルコールなどを含んだものが存在し、傷口がしみる原因となります。頭皮の環境を悪化させるため、できるだけ肌に優しいものを選ぶのが大切です。

シャンプーを使えるようになってからすぐは、ベビーシャンプーを使うのがおすすめです。赤ちゃんの肌を考えて作られたシャンプーのため、肌への刺激が小さいからです。育毛シャンプーを利用する人もいますが、中には薬効成分が含まれていて、肌にダメージを与える場合があります。健康な頭皮が戻るまでは利用しない方がいいのです。

回復後は育毛シャンプーで守ることが重要

傷口がふさがり、毛包が定着すれば髪の毛が自然と生えるようになります。髪の毛のサイクルの関係で一時的に抜けることがありますが、次に生える時はより太くなります。これの現象は初期脱毛といわれますが、誰にでもおこるため、手術が失敗したとは限らないのです。

自然に髪が生えるようになっても注意が必要で、しっかりと育毛シャンプーで育てる必要があります。抜け毛の習慣が残っていれば、また薄毛が進行し、髪が抜けてしまう可能性があるからです。しっかりと守って育てる意識が必要です。

産後は髪が抜けやすい!薄毛を防ぐためのヘアケアがより重要に!

出産後は髪が抜けやすくなるといわれています。これは女性ホルモンのバランスが急激に変わるからで、産後に抜け毛に悩む人が多い理由になっています。事前の対策や準備は重要で、特に初産の場合は注意が必要になります。授乳をしていると対策も限られるのもポイントになるのです。

産後に髪が大量に抜けるケースもある

出産が女性に与える影響は大きく、かなりの体力を消耗します。体力の回復にはかなりの時間がかかるケースがほとんどで、ホルモンバランスの変化が更に回復を遅らせる要因となります。自律神経の働き乱れやすくなるため、産後にうつや不眠で悩む人もいるのです。

産後は抜け毛が多くなるのも特徴です。特に初産の場合は影響が出やすく、一気に薄毛が進行してしまう場合があります。事前の心積もりがないと心理的な衝撃が大きくなるため注意が必要です。時間をおけば回復することが多いものの、なかなか髪が元に戻らない場合もあります。事前に準備をしていれば、不安を軽減することができるだけでなく、抜け毛自体を防げる場合があるのです。

授乳をしているのであれば対策が限られる

産後の薄毛対策は困難を伴います。これは授乳をしていると口にできるものが限られるため、サプリメントの利用が出来ない場合があるからです。母乳を通じて母親の体の成分が赤ちゃんに渡ってしまうため、成分が濃すぎると体調不良の原因となります。産後にすぐ服用できるものかどうか、最初にチェックする必要があるのです。

授乳時でも利用できるサプリメントはありますが、育毛関連のサプリが使えない場合は別の対策を考える必要があります。食欲の関係があるものの、まずしっかりと食べて体力を回復させることが優先です。ある程度運動した方が回復が早まりますが、産後3週間ほどは休むことに専念するのがポイントです。

体力が戻るには半年ほどかかるケースが多い

産後に日常生活に戻れるまでは6週間ほどかかり、完全に体力が戻るまでには半年ほどかかるといわれています。期間には個人差があるのもポイントで、無理をすれば病気にかかって回復が遅れる場合もあります。免疫力の回復にも時間がかかるため、人の手を借りることが重要な時期になっているのです。

産後2週間ほどたつとシャワーを浴びられる程度に体力が回復します。湯船につかると感染症にかかってしまうことがあるため、入浴は控えます。無理に髪を引っ張ると抜けてしまう恐れが高まるため、頭皮を優しくマッサージするように洗い、育毛シャンプーなどで補強してあげるのがおすすめです。

産後の抜け毛は2ヵ月ほどたってから起きる

産後の抜け毛は2ヵ月から3ヵ月程度たってから起きるケースが多く、人によってはそれより後に発生する場合があります。抜け毛が起きるまでにしっかりとケアしておくことは重要で、育毛シャンプーなどで頭皮のケアをしっかりと行うのがおすすめです。また、大きなストレスがかかると早めに毛が抜け始める場合もあります。

抜け毛を防ぐためには頭皮を柔らかく保ち、血行を良くしておく必要があります。全身がこわばっていれば頭皮が引っ張られてしまうため、体力が回復してきたらストレッチや運動で体をほぐしておくと更に効果的です。産後に肌質が変わってしまう人もいるため、その時々にあわせて育毛シャンプーを買い換える方法もあります。

頭皮の環境を改善する薬がある?薄毛治療薬の世界とは

薄毛対策に育毛剤を使う人は多いものの、効果が実感できない場合があります。頭皮の環境改善を目指そうとしても、AGA(男性型脱毛症)にかかってしまうと髪が十分に育たずに抜けてしまうからです。AGA治療には育毛剤ではなく、発毛剤を用いるのがポイントになっています。

頭皮で起きていることの把握が重要

薄毛対策を行う場合は、頭皮で何が起きているのかを知る必要があります。根本的な原因がわからないと有効な対策ができず、対応が遅れてしまう場合があるためです。薄毛が進む理由には様々な原因が存在するため、理由を分けて考えることが大切です。費用や時間の節約のためにも重要なポイントになります。

体質や生活習慣の乱れで薄毛が進行している場合は、育毛剤で効果が得られる場合があります。しかし、AGA(男性型脱毛症)にかかった場合は、育毛剤では不足が生じます。これは髪の毛が生えるサイクル自体が狂ってしまい、髪が育ちきる前に抜けるからです。髪の毛が生まれ変わるヘアサイクル自体を修正しなければ髪は戻ってこないのです。

AGA治療薬が頭皮の状況を改善する

AGAの治療には発毛剤が使われます。発毛剤は医薬品に分類されるため、基本的に医師の処方がなければ購入ができないのが特徴です。個人輸入で購入することも可能ですが、AGAにかかっていない人が使っても副作用の恐れが生じるだけとなります。そのため、薄毛治療専門のクリニックでAGAの診断をしてもらう人は多いのです。

AGAは男性ホルモンが酵素の働きで抜け毛を促進する物質に変化することで起こります。酵素の働きを阻害することや、発生した物質を毛根と結びつかないようにブロックすることでAGAの治療が可能になります。発毛剤は薄毛が進むメカニズム自体を邪魔することで、頭皮の状況を改善していくのです。

AGA治療薬では効果がないケースもある

AGA治療に使われる発毛剤では、効果があらわれないケースもあります。AGAを詳しく分売る射すると二つのタイプに分けられますが、発毛剤には片方しかできないタイプが存在するためです。発毛剤を利用しても改善が見られない場合は、症状にあわせた薬が利用されていない可能性があります。

頭皮の血流を良くすることで強制的に髪を生やす薬も存在しますが、その分副作用も大きくなります。頭皮に直接塗るため医師の施術を受ける必要があり、事前にアレルギーなどをチェックする必要があるなど制約も多いのです。発毛成分を含んだ育毛剤も存在しますが、市販出きる程度まで成分が抑えられているため効果を感じにくいのが欠点になっています。

ザガーロはどちらのAGAにも利用できる

AGAには二つの分類がありますが、ザガーロはどちらのタイプでも利用できるのが特徴となっています。一般名はデュタステリドで、日本で認可されたのは2015年になってからです。日本ではまだ知名度が低いものの、従来治療不可能であったAGAの治療が可能となったため、過去に治療を受けて効果がなかった人の希望にもなっています。

ザガーロは医薬品に分類されるため、医師の処方が必要になるのは一般的な発毛剤と一緒になっています。これは効果が強い分、AGAにかかっていない人が使っても副作用の恐れが強くなるためです。乱用しても発毛効果が高まるわけではないため、使用量を守る必要もあります。体質に合わないか確認しつつ、調整を行うことも大切なのです。

薄毛対策はUV紫外線対策で決まる?ハゲ予防に重要な理由は

UV紫外線対策は日焼け防止だけでなく、肌の老化を防ぐためにも重要になっています。紫外線は肌の奥まで届いて、遺伝子を傷つけてしまいます。遺伝子が傷つくと肌の再生能力が衰え、シワなどが発生しやすくなるのです。注意したいのは頭皮の保護で、男女ともに見落としがちなポイントになっています。

UV紫外線対策は美肌の常識になっている

女性にとっては美肌のために紫外線対策を行うことは常識になりつつあります。UVカットの化粧品も様々なメーカーから販売されていて、選択肢が豊富になっています。夏だけでなく、冬であっても対策をする人も存在するほどで、その重要性が増しているのです。

紫外線対策が一般的になっているのは、光老化と呼ばれる現象が確認されたためです。人間は年齢を重ねることで老化し、肌も例外ではなくなっています。しかし、肌が老化する理由の多くは紫外線によるダメージから生じるもので、加齢が原因の老化はごく一部であることがわかったのです。日焼け対策だけでなく、肌の老化を防ぐためにも紫外線対策は必須になっているのです。

男性も女性も頭皮の紫外線対策は忘れがち

美肌のために紫外線対策をする女性が増える一方で、頭皮の紫外線対策は忘れがちになっています。これは男性も同じで、そもそも紫外線対策が必要なこともわかっていない人が多いのです。髪があれば肌に当たる紫外線の量は軽減できますが、それでも皮膚の老化が進むことにはかわりがありません。紫外線が薄毛の原因になることも十分にあり得るのです。

紫外線は髪にもダメージを与え、切れ毛や枝毛の原因ともなります。髪の毛を紫外線から保護し、頭皮も守ることは非常に重要になります。UV対策成分を含んだトリートメントも販売されているため、紫外線が気になるシーズンに利用するのがおすすめです。また、帽子や日傘を併用するのも賢い方法です。

UVカットのスプレーを利用する方法も

UVカットのヘアケア用品以外にも、スプレーやローションタイプで頭皮の紫外線対策が可能になっています。頭皮だけではもったいないと思う場合は肌と兼用できるものを選ぶのが基本です。肌への刺激が少ないものも売られているため、自分の肌質にあわせて選ぶ慎重さも大切になります。

スプレーやローションの中には、汗などで落ちないことを意識したものもあります。いわゆるウォータープルーフですが、シャワーを浴びる際は念入りに落とす必要ことが重要です。しっかり落とさなければ毛穴のつまりの原因となるだけでなく、酸化して肌に悪影響を与える場合があります。使い終わった後も考えて商品を選んだ方が良いのです。

育毛剤をよく馴染ませるポイントは

紫外線を受けると皮膚が固くなり、育毛剤やシャンプーの育毛成分が浸透しにくくなるといわれています。UVケアなどをしてもある程度影響はあるため、シャワーを浴びる際に頭皮をマッサージしてあげるとより効果を感じやすくなります。薄毛予防には頭皮の血行を良くすることも重要なため、習慣化するのがおすすめです。

スプレーなどを使った場合は念入りに洗い、すすぐことも大切です。男性は髪のすすぎ時間が短いケースが多く、シャンプーの洗い落としも残ってしまいがちといわれています。熱すぎるお湯では必要な皮脂まで落としてしまうため、頭皮をマッサージしながら少し長めにすすぐのがおすすめです。お風呂上りはタオルでしっかりと頭皮の水分をふき取り、冷風で乾かすなど、清潔さを保つことも育毛のポイントになります。

髪に気を使うならヘアサロンへ行った方が良い?育毛にプラスの理由は

薄毛が進んでしまうと髪形にお金をかけるのがもったいなくなり、ついカット専門店などを利用しがちです。美容室を利用する人でもいつもの場所と決めてしまう場合が多く、積極的に新しいヘアサロンを探そうとする人は珍しくなっています。しかし、薄毛に悩む人をターゲットにしたサービスを展開するサロンも増えているため、一度見直してみるのもおすすめです。

育毛サービスを提供するヘアサロンが増えている

ヘアサロンといえば女性が利用するものと思われがちですが、オシャレに気を使う男性も多く通っています。ポイントになるのがサービスの品質の高さで、カット専門店や床屋よりも心配りが行き届いたサロンが多いのです。もちろん価格は高くなりますが、低価格でカットを行うヘアサロンも存在するため、選択肢が広がっています。

また、育毛サービスを提供するヘアサロンが増えているのも魅力です。男女を問わずにストレスなどで薄毛が進行してしまうケースが存在し、髪の悩みに対応するように品質の良いシャンプーなどを取り入れるサロンが誕生しているからです。髪が寂しくなったときほど、良いヘアサロンを探すのも方法なのです。

ヘアサロンならヘッドスパなども利用しやすい

薄毛が気になるようになると、頭皮の状態やシャンプーの成分も気になり始めます。利用しているシャンプーなどの情報を公開しているヘアサロンは多いため、より育毛に気を配っているサロンを探すのも方法になっています。中には育毛を意識した専用コースを設けているヘアサロンも存在します。

頭皮の状況が気になるなら、ヘッドスパを利用するのもおすすめです。頭皮の汚れを落としながら優しくマッサージを受けられるため、頭皮の血行改善などにも役立ちますヘッドスパが気持ちよくてリピーターになる人も存在し、貴重なリラックスタイムを提供してくれる場合があるのです。

頭皮ケアのアドバイスがもらえることも

ヘアサロンを利用するメリットは、頭皮ケアを含めた相談を気軽に出来ることです。特に育毛に力を入れているサロンではサロン限定の育毛シャンプーなども扱っていて、育毛に役立つ知識を教えてくれる場合が多いのです。髪の悩みはなかなか人に話せないことが多いため、専門家に話を聞けるのは魅力になっています。

頭皮の状態のチェックもして貰えます。育毛専門のクリニックには劣るものの、髪のスペシャリストから見た状態を知ることが出来ます。クリニックの治療や診察は心理的なハードルが高いため、まずは身近なヘアサロンから頼ってみるのも方法なのです。

育毛剤を利用する場合は注意点も

ヘアサロンの利用は抜け毛予防などに効果的ですが、育毛剤を利用する際は注意も必要になります。ヘアサロンで扱うシャンプーやトリートメントの中には育毛成分が含まれているものが存在し、育毛剤と併用すると成分が強くなりすぎる場合があるからです。相性なども存在するため、合わないと思ったらどちらかに絞る必要があります。

育毛剤と育毛シャンプーでは、育毛剤の方が育毛成分の量や種類が多くなるのもポイントです。シャンプーは洗浄成分を含まなければならないため、どうしても育毛成分が薄くなる傾向があります。シャンプーやトリートメントは育毛成分ではなく頭皮への優しさを重視し、育毛剤で補うなど住み分けが重要です。ヘアサロンはカットやヘッドスパの利用に絞るのも方法です。

つむじを意識すると抜け毛が防げる?!薄毛につながる悪習間とは

つむじは当たり前にあるものであり、意識している人はごく一部です。一方で、つむじは皮膚が目立つ部分でもあるため、薄毛が進んでるのではないかと疑心暗鬼になってしまうことがあります。つむじから薄毛の進行をみわけることは難しいため、薄毛になる習慣がないかも含めて見直した方が良いのです。

つむじを普段から意識している人は少ない

つむじを普段から意識をしている人は少なく、自分の髪に興味がある人や、美容師などの髪に関わる仕事をしている人が中心になります。普段気を使わないことから、ふとした瞬間に薄毛を疑う人も多く、違いがわかり辛いことから混乱してしまう場合もあります。つむじはもともと毛が発生し始める部分であるため、毛の密度が薄く、頭皮が目立ちやすいためです。

髪の毛はつむじにそって生えていき、密度を増しながら頭を覆っていきます。つむじの髪の毛の密度は人によって異なり、つむじの方向も違います。人種によっても左巻きが多い、右巻きが多いなどの違いがあり、他人と比べるよりも、自分のつむじがどうなっているかを知った方が薄毛予防に役立ちます。

ストレスからつむじがハゲしまう場合もある

つむじの薄毛が進行する理由の一つが、ストレスです。円形脱毛症に代表されるように、頭皮の一部から髪の毛が抜けてしまうケースがあり、つむじの毛が薄くなってしまう場合もあるのです。ストレスを減らすのが対策になりますが、なぜストレスで薄毛が進むかははっきりわかっていないのがポイントになります。

有力なのは、ストレスによってホルモンバランスが乱れ、薄毛が進んでしまうという説です。また、ストレスを受けると体がこわばり、血流も悪くなってしまいます。血流が悪くなることで頭皮に十分な栄養が届いていない可能性もあります。軽い運動で体をほぐすのも大切で、ストレス防止や解消にも貢献してくれます。

髪型が決まっているとつむじに負担がかかる

髪型がつむじに負担を与え、抜け毛が進んでしまう場合もあります。髪の毛を引っ張るような形でまとめると、頭皮に負担がかかり、ダメージが蓄積されてしまうからです。つむじの方向を無視するような髪型を続けている場合は、一度見直すのがおすすめです。特に女性の薄毛につながるケースが多く、男性でも思わぬ負担がかかっている場合があります。

つむじの負担を軽減するポイントは、分け目などを含めてたまに髪形を変えることです。同じ髪型の場合は同じ場所にだけ負担が集中してしまいます。髪型を変えればダメージも分散されるのです。あまり毛根に負担をかけないように自然な髪型をする日を作り、休ませるのも一つの方法です。

育毛剤のつけすぎも注意が必要に

つむじの薄毛はなかなか見分け辛いものの、頭皮が薄くなっていたり、周辺の髪の毛が細くなるなど、特徴で菜症状が出る場合があります。症状が見え始めたら育毛剤を利用するのも方法で、薄毛を防ぐ有効な手段になっています。ただし、育毛剤のつけすぎもマイナスになるため、量を加減する必要があります。

育毛剤には薬に使われる成分が含まれているものも存在します。しかし、量を増やしても頭皮から浸透する成分はごく一部で、むしろ刺激が強く、頭皮にダメージを与えてしまう可能性があります。育毛剤を利用する場合は使用上の注意や量を守ることが前提で、大量に使ってもすぐに薄毛が治るわけではないのです。

それって初期脱毛かも?!薄毛治療でかえって髪が抜ける理由は

髪の毛には生えて成長し、抜けてまた生えるというヘアサイクルが存在します。毛根に十分に栄養が届かない場合や、男性ホルモンの過剰分泌などの異常が起こるとヘアサイクルが乱れ、薄毛が進みます。これは髪の毛が十分に育つ前に抜けてしまうからです。AGA治療はこのヘアサイクルの乱れを治すのが基本ですが、その過程で一時的に髪の毛が抜けやすくなることがあるのです。

髪の毛は生え変わることで維持されている

髪の毛はただ生えるだけでなく、自然に抜けることがあります。全ての髪が伸びるわけではなく、一定の期間で抜けて、また生えるというサイクルを繰り返しているのです。髪が生まれ変わるサイクルは人によって多少の差があるものの、一般的には一生髪の毛に困らない程度には続くといわれています。

しかし、ホルモンバランスの乱れや栄養の不足など、様々な要因が重なることでヘアサイクルが乱れてしまう場合があります。AGA(男性型脱毛症)は特にヘアサイクルへ与える影響が大きく、髪の毛が十分に育たずに抜けてしまう原因になるのです。ヘアサイクルが極端に短くなると一生分の髪の毛を生み出す細胞を使い切ってしまい、二度髪が生えなくなる恐れがあるのです。

初期脱毛はヘアサイクルを整える過程で起こる

薄毛を改善するためには短くなったヘアサイクルを整え、長く伸ばしていく必要があります。AGAの治療では様々な薬が処方されることが多く、体質に合わせて利用されます。注意したいのは、治療の開始とともに一時的に髪の毛が抜けやすくなることがある点です。

薄毛治療時に一時的に髪の毛が抜ける状態を、初期脱毛と呼びます。これは毛根が刺激され、ヘアサイクルの周期が変わるために起こる現象です。細く短い毛が抜けやすくなるのが特徴で、一気に髪の毛が抜ける場合もあるのです。ただし、初期脱毛が終わると太くて強い髪が生えやすくなるため、途中でやめてしまうとマイナスになってしまうことがあるのです。

初期脱毛と薄毛の進行を見分けるコツは

初期脱毛が起こってあわてても、かえって治療にマイナスになります。初期脱毛か、薄毛の進行かどうかをしっかり見極める必要があるのです。ポイントは、治療を始める前に毎日どの程度髪の毛が抜けるかをチェックしておくことです。

わかりやすいのが髪を洗った後の排水溝などを見ることです。メッシュなどで覆ってどの程度抜けるか確認しておくと、治療を開始したときの差がわかりやすくなります。枕につく髪の毛の量でチェックする方法もあります。一度に抜け毛の量が増える場合は、薄毛治療が良い方向に進んでいる証明になりやすいのです。

育毛剤の利用で初期脱毛が起こることも

初期脱毛が起きるのは、AGAの治療薬を使った際に起こるケースが多くなります。一方で、市販の育毛剤にもAGA治療に使われる薬効成分を含んだものが存在し、同様に初期脱毛が起きる可能性があります。薄毛予防に育毛剤を利用する際も、しっかりと抜け毛の量をチェックしておいた方が良いのです。

経過を見ることも大切です。育毛剤には様々な種類があり、自分の体質や症状にあっているかチェックすることも大切だからです。あまり早く結果が出ることは少ないため、数ヶ月単位などある程度長い目で見ることが大切です。効果を感じられない場合は育毛剤を変えるなど、自分に合わせる工夫も必要になります。

薄毛に悩む若者が増えている?気になったら早めの育毛ケアが重要となる

若者であっても薄毛になるケースは存在し、特にストレスや不規則な生活が大きな影響を受けます。20代で男性型脱毛症になる人は稀で、ほとんどは生活面に何らかの問題を抱えているのです。受験などの過酷なストレスが抜け毛を増やすことも珍しくないため、おかしいと思った場合は早めにケアしていくのが大切です。

ストレス社会が若者に影響を与えている

現代はストレス社会といわれていて、若者にも様々なプレッシャーを与えています。受験などの学力競争だけでなく、就職活動や実際に働き始めた際のギャップなど、ストレスを感じることが多いのです。就職率は改善傾向にあるものの人材不足の傾向が続く業界も多く、就職時の負担が大きくなりがちという実情もあります。

仕事のキャリアよりも、私生活の充実を望む若者が増えているという実態もあります。終身雇用が崩れ、将来の見通しが不透明な企業も増えていることから、働くことに希望を見出せない若者も多いのです。企業側との価値観のギャップはストレスをより強くします。ストレスから体調を崩す若者がいるだけでなく、薄毛が進むという形で影響を受けるケースもあるのです。

睡眠が不規則になりがちなのもポイントに

薄毛に悩む若者が増えているのは、ストレスばかりがとは限りません。中には不規則な睡眠や食生活の偏りが影響を与えるケースも存在するのです。特に睡眠不足は体に与える影響が大きく、ホルモンバランスが大きく崩れる原因となります。

ホルモンバランスが崩れると、性欲の減退や、髪の生産量の低下など、様々な面に悪影響を与えます。男性ホルモンの変化は髪に与える影響が強く、男性ホルモンの低下が抜け毛につながる場合があるのです。男性ホルモンの投与で薄毛が改善することがあるものの、あまりに薄毛が進行すると回復が難しくなるケースもあります。おかしいと思う部分があったら早めに改善する工夫が必要なのです。

意外に影響を与えがちなのがスマホの普及

意外に影響を受けがちなのがスマホの普及です。スマホは非常に便利で、コミュニケーションに欠かせないツールとして普及しています。若者は持っているのが常識になりつつある反面、その悪影響を受けやすいのです。

スマホを利用すると、どうしても前かがみになりがちです。首や肩に負担がかかり、脳だけでなく頭皮に血液がいきわたるのを邪魔します。また、強い光は自律神経の働きを乱し、眠りを浅くしてしまいます。寝る前にスマホを見る習慣が睡眠の質に影響を与えているケースがあるのです。寝る前はスマホを見ない、寝るときは電源を切るなど、適切にコントロールする必要があります。

頭皮ケアに育毛剤を使うポイントは

若者で薄毛が進行している場合は、まず生活習慣などを見直すのが基本です。育毛剤を使って補う方法もありますが、ホルモンバランスの乱れなど根本が解決しなければ改善が難しいケースがあるのです。焼け石に水とならないように、まず普段の生活を振り返る必要があります。

若者でも遺伝的に男性型脱毛症が進みやすい人も存在します。家系的に薄毛の人が多い場合は早めにケアをするために育毛剤を使うのは賢い方法です。一度髪が抜けてから改善するよりも、予防に気を使った方がコスト的にもお得なことは多いのです。乾燥肌気味であれば保湿中心の育毛剤を使うなど、自分の肌質などに合わせたものを選ぶのがおすすめです。