昔のフサフサ(2323)ヘアーに蘇るあなたに適した究極の育毛剤・発毛剤・増毛促進剤などの口コミ比較ランキングをピックアップ!お客さまからお寄せ頂いた声からおすすめする人気商品の評判・評価をご紹介しております!

オナニーのしすぎはハゲのもと?真相と薄毛を防ぐための対策は

オナニー以外の習慣から見直しをする

オナニーのしすぎはハゲのもとと言われることがあります。AGAは男性ホルモンの影響を受けるため、悪影響になると言われているからです。しかし、実際はオナニーよりも射精の影響が大きく、育毛グッズを利用する際もある程度考える必要があります。

オナニーのしすぎはハゲのもと?真相と薄毛を防ぐための対策は

オナニーのしすぎはハゲのもとと言われ、不安を感じる人もいます。オナニー中は男性ホルモンが高まります。しかし、AGA(男性型脱毛症)の進行には男性ホルモンが関わっているため、悪影響を与えるのではと推測する人がいるからです。しかし、実際には男性ホルモン以外の影響が強いため、原因を切り分けて考える必要があります。

オナニーは男性ホルモンの生産量を増やす

オナニーのしすぎがハゲのもとと言われるのは、オナニー中に男性ホルモンの分泌量が高まるからです。男性ホルモンは筋肉質な体作りや、性欲と密接に結びついていています。しかし、男性ホルモンが特定の酵素と結びつくと薄毛を進行させる物質に変わり、AGAが進行してしまいます。そのためAGAの進行とオナニーを結びつけて考える人がいるのです。

ポイントになるのが、男性ホルモンが分泌されても特定の酵素がなければAGAが進行しないことです。男性ホルモンは筋肉を鍛えることでも発生しますが、アスリートにもハゲではない人がいます。オナニーは男性ホルモンの生産量を増やしますが、それでハゲが進行するわけではないのです。

オナニーではなく射精の影響は大きい

注意したいのはオナニーではなく、射精です。実は精液の多くは男性ホルモンやたんぱく質で出来ていて、生産にかなりのエネルギーが使われています。射精をすれば、それだけ多くのエネルギーが失われることになるのです。精液の生産には鉄分や亜鉛などのミネラルも必要になるため、体全体に影響を与える場合があります。

実は髪の毛の主な材料はたんぱく質であり、鉄分や亜鉛などのミネラルが微量に含まれています。鉄や亜鉛は加齢とともに不足しやすくなってしまうため、意図的に補うのも方法になっています。たんぱく質やミネラル不足にならないように、射精によって体が消耗することを覚えておくとプラスです。

オナニー以外の習慣から見直しをする

適正なオナニーの回数は年齢や体質によって変わってきます。また、スポーツをしていると男性ホルモンの分泌量が増えやすいことから、それだけ性欲が強くなる場合があります。

オナニー以外の習慣から見直しをする

習慣によって違いがあるものの、その分栄養を補うことが大切です。多すぎると思った場合は心療内科などでカウンセリングを受ける方法もあります。

薄毛が進む原因の多くはオナニー以外にあります。食習慣や生活習慣の乱れやストレスなどが影響しているケースが多く、場合によってはAGAを疑った方が良いケースもあります。AGAになったとしても習慣を改めることは非常に重要なため、まずは食事のバランスや睡眠時間などを見直すのが大切です。

ハゲの予防アイテムを利用する場合の注意点

ハゲが気になるなら育毛グッズをとり入れ、髪の毛が生えやすい環境を整えることも重要です。育毛剤や育毛サプリなど生活に取り入れられるものは多いため、積極的に活用した方が良いのです。ただし、サプリメントには注意点もあります。中には亜鉛などのミネラルが多いものも存在し、体質とかみ合って性欲が高まりやすくなる場合があるからです。

性欲が高まっても、射精をしすぎるなどマイナス要素が大きくならなければ問題はありません。むしろ年齢を考えると健康的な場合もあります。あまり意識しすぎてもストレスになることもあるため、おおらかに構えるのも方法です。ストレスもハゲの敵になるため、バランスで考えることが大切です。