昔のフサフサ(2323)ヘアーに蘇るあなたに適した究極の育毛剤・発毛剤・増毛促進剤などの口コミ比較ランキングをピックアップ!お客さまからお寄せ頂いた声からおすすめする人気商品の評判・評価をご紹介しております!

頭皮の環境を改善する薬がある?薄毛治療薬の世界とは

薄毛対策に育毛剤を使う人は多いものの、効果が実感できない場合があります。頭皮の環境改善を目指そうとしても、AGA(男性型脱毛症)にかかってしまうと髪が十分に育たずに抜けてしまうからです。AGA治療には育毛剤ではなく、発毛剤を用いるのがポイントになっています。

頭皮で起きていることの把握が重要

薄毛対策を行う場合は、頭皮で何が起きているのかを知る必要があります。根本的な原因がわからないと有効な対策ができず、対応が遅れてしまう場合があるためです。薄毛が進む理由には様々な原因が存在するため、理由を分けて考えることが大切です。費用や時間の節約のためにも重要なポイントになります。

体質や生活習慣の乱れで薄毛が進行している場合は、育毛剤で効果が得られる場合があります。しかし、AGA(男性型脱毛症)にかかった場合は、育毛剤では不足が生じます。これは髪の毛が生えるサイクル自体が狂ってしまい、髪が育ちきる前に抜けるからです。髪の毛が生まれ変わるヘアサイクル自体を修正しなければ髪は戻ってこないのです。

AGA治療薬が頭皮の状況を改善する

AGAの治療には発毛剤が使われます。発毛剤は医薬品に分類されるため、基本的に医師の処方がなければ購入ができないのが特徴です。個人輸入で購入することも可能ですが、AGAにかかっていない人が使っても副作用の恐れが生じるだけとなります。そのため、薄毛治療専門のクリニックでAGAの診断をしてもらう人は多いのです。

AGAは男性ホルモンが酵素の働きで抜け毛を促進する物質に変化することで起こります。酵素の働きを阻害することや、発生した物質を毛根と結びつかないようにブロックすることでAGAの治療が可能になります。発毛剤は薄毛が進むメカニズム自体を邪魔することで、頭皮の状況を改善していくのです。

AGA治療薬では効果がないケースもある

AGA治療に使われる発毛剤では、効果があらわれないケースもあります。AGAを詳しく分売る射すると二つのタイプに分けられますが、発毛剤には片方しかできないタイプが存在するためです。発毛剤を利用しても改善が見られない場合は、症状にあわせた薬が利用されていない可能性があります。

頭皮の血流を良くすることで強制的に髪を生やす薬も存在しますが、その分副作用も大きくなります。頭皮に直接塗るため医師の施術を受ける必要があり、事前にアレルギーなどをチェックする必要があるなど制約も多いのです。発毛成分を含んだ育毛剤も存在しますが、市販出きる程度まで成分が抑えられているため効果を感じにくいのが欠点になっています。

ザガーロはどちらのAGAにも利用できる

AGAには二つの分類がありますが、ザガーロはどちらのタイプでも利用できるのが特徴となっています。一般名はデュタステリドで、日本で認可されたのは2015年になってからです。日本ではまだ知名度が低いものの、従来治療不可能であったAGAの治療が可能となったため、過去に治療を受けて効果がなかった人の希望にもなっています。

ザガーロは医薬品に分類されるため、医師の処方が必要になるのは一般的な発毛剤と一緒になっています。これは効果が強い分、AGAにかかっていない人が使っても副作用の恐れが強くなるためです。乱用しても発毛効果が高まるわけではないため、使用量を守る必要もあります。体質に合わないか確認しつつ、調整を行うことも大切なのです。